« 内田樹さん 「日本の現在地」 | トップページ | パート女性、早産リスク高め 正社員・主婦の2.5倍 »

2013/05/09

首相 歴史認識 米が懸念 「東アジア混乱」「米国益害する」

 国際的な安倍さんの歴史認識への批判が強まっている。安全運転と言われ続けてきたけれども、安倍さんの歴史認識のタカ派性は、本質的な内閣の矛盾としてあるということなのだと思う・

首相 歴史認識 米が懸念 「東アジア混乱」「米国益害する」(東京新聞)

 米議会調査局が日米関係の報告書をまとめ、旧日本軍慰安婦問題などをめぐる安倍晋三首相の歴史認識について「(東アジア)地域の国際関係を混乱させ、米国の国益を害する恐れがあるとの懸念を生じさせた」と指摘した。米有力紙にも首相の歴史認識を批判する社説が相次ぐなど、東アジアの不安定化要因として危惧する声が高まっている。
 米議会調査局は、上下両院議員の立法活動を補佐するためその時々の国政の重要課題について専門スタッフが調査し、詳細な情報を公式報告書にまとめて議員に提供。議論に影響を及ぼしている。
 今月一日付の日米関係の報告書は、首相が「強固な国粋主義者」として知られ、「帝国主義日本の侵略やアジアの犠牲を否定する歴史修正主義にくみしている」と指摘。慰安婦問題や靖国神社参拝をめぐる言動は、「米国や日本の近隣諸国から注意深く監視される」と強調した。
 報告書は、植民地支配と侵略を認めた一九九五年の村山富市首相(当時)の談話について、安倍首相が今年四月の国会答弁で「そのまま継承しているわけではない」「侵略の定義は国際的にも定まっていない」と述べたことに触れ、米国が非公式に懸念を伝えたとの報道に言及した。
 慰安婦問題では、報告書は旧日本軍の関与を認めた九三年の河野洋平官房長官(当時)による「河野談話」の見直しが安倍首相の持論であり、仮に見直せば日韓関係を悪化させるとしている。米国内の反応として、クリントン前国務長官が「慰安婦」でなく「(強制された)性的奴隷」という用語を使うよう国務省高官に指示したとの報道も引用した。
 さらに「首相は熱心な国粋主義者を閣僚に選んだ」と指摘。複数の閣僚が靖国神社を参拝し、中韓両国が反発していると説明した。
 米有力紙も、安倍首相について「歴史を直視していない」(ワシントン・ポスト)、「不必要なナショナリズム」(ニューヨーク・タイムズ)とする社説を掲載している。

 これが、その報告書の原文かな。
 もちろん、まだ読んでいないけど。とくに、記事になる、クリントン前国務長官が「慰安婦」でなく「(強制された)性的奴隷」という用語を使うよう国務省高官に指示したことや、「首相は熱心な国粋主義者を閣僚に選んだ」と指摘。複数の閣僚が靖国神社を参拝し、中韓両国が反発しているなどに言及しているのは重要だと思う。

 韓国大統領はオバマさんに、直談判するにいたったわけだし。一方で、安倍さんは、侵略の定義はないなどと言って、それが批判されても、侵略」を「他の国家の主権、領土保全、政治的独立に対する武力行使」などと定義した一九七四年の国連総会決議について「国連安全保障理事会が侵略行為を決定するためのいわば参考だ」と言ってしまう。総会決議はいわば国際社会の合意ともいえ、これは国際法の現状への無理解としか言いようがない。国際社会への挑戦として、かなり国際的に深刻な矛盾を拡大することになるのだけれども…。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 内田樹さん 「日本の現在地」 | トップページ | パート女性、早産リスク高め 正社員・主婦の2.5倍 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/57348450

この記事へのトラックバック一覧です: 首相 歴史認識 米が懸念 「東アジア混乱」「米国益害する」:

« 内田樹さん 「日本の現在地」 | トップページ | パート女性、早産リスク高め 正社員・主婦の2.5倍 »

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30