« 「日本、平和主義遠のく」中朝脅威が背景と米紙 | トップページ | ヨコよこストーリー1 三笠記念館 »

2013/04/03

「小沢氏つぶし」狙い…自民、平野氏と連携調整

 何か、自民党は…。少しずつ、傲慢さも垣間見えてはきているのだけれども。

「小沢氏つぶし」狙い…自民、平野氏と連携調整(読売新聞)

 自民党が2日、民主党に離党届を提出した平野達男前復興相と連携する方向で調整に入ったのは、岩手県がおひざ元である生活の党の小沢代表に対抗する候補を一本化し、参院選を有利に戦うのが狙いだ。
 参院岩手選挙区で生活の候補を破れば、小沢氏の影響力低下につなげられるとみている。
 自民党関係者によると、1月末から、岩手県連会長の鈴木俊一外務副大臣らが平野氏に水面下で接触し、「無所属で出馬すれば推薦できる」と打診し続けたという。ただ、平野氏の了承が得られなかったため、3月に入って党としての働きかけを断念し、県連は3月30日、慶大ラグビー部前監督の田中真一氏(46)を候補予定者に決めた。
 並行して二階俊博総務会長代行らが説得を続けた結果、平野氏が無所属での出馬を決意したことから、党内で推薦の動きが再燃した。

 他党に懐に手をつっこんだり、一方的な運営をはじめたりするのは、政権の傲慢さをあらわすものだと思うのだけれども。もともと、自民党政権は、とても不安定な形で誕生したことはいうまでもないが、その後の高支持率で、だんだん傲慢さが出てきたのか? ここで、ほころびが出てくるのか、それとも参院選を乗り切る勢いを持続するのか。敵失をまっていてもダメなんだろうけれども、相手の矛盾がどのように表出するのかは注意深く見なくっちゃねえ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 「日本、平和主義遠のく」中朝脅威が背景と米紙 | トップページ | ヨコよこストーリー1 三笠記念館 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/57099298

この記事へのトラックバック一覧です: 「小沢氏つぶし」狙い…自民、平野氏と連携調整:

« 「日本、平和主義遠のく」中朝脅威が背景と米紙 | トップページ | ヨコよこストーリー1 三笠記念館 »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30