« ソハの地下水道 | トップページ | 米政権、安倍首相発言に懸念 中韓にらみ自制促す »

2013/04/26

NPT準備委「人類生存へ核不使用を」 日本は賛同せず

 もう昨日のニュースだけど、あまりにも悲しく、恥ずかしいニュース。

NPT準備委「人類生存へ核不使用を」 日本は賛同せず(日経新聞)

 ジュネーブで開かれている核拡散防止条約(NPT)再検討会議の準備委員会で24日、「いかなる状況下でも核兵器が再び使用されないことが人類生存の利益」とする共同声明に南アフリカやスイスなど70カ国以上が賛同した。ただ、米国、中国、ロシアなど核保有国は賛同しておらず、日本も核実験やミサイル発射を繰り返す北朝鮮への抑止力が損なわれるとの判断から賛同を見送った。
 NPTは核兵器を持つ国の拡大防止や原子力の平和利用を目的とする国際条約で、締約国は190カ国。今回の声明に賛同した国は全体の半分以下にとどまった。
 駐ジュネーブ軍縮会議政府代表部の天野万利大使は24日、日本が賛同しなかった理由について記者団に「いかなる状況下でも、という表現は強すぎる」と説明した。

 準備委員会ですでに70カ国以上が支持をしている。「核兵器の人道的影響は根本的かつ世界的な懸念として認識が高まっており、核廃絶と核不拡散を実現する上で中心となるべきだ」と明記した声明だ。当然、被爆者団体や、広範な人々からは怒りが広がっている。北朝鮮の問題にしても、核兵器の廃絶を掲げてこそ、開けるものもなるのではないのだろうかと思うのだけれども。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« ソハの地下水道 | トップページ | 米政権、安倍首相発言に懸念 中韓にらみ自制促す »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

まともな日本人からすれば、「核兵器の人道的影響は根本的かつ世界的な懸念として認識が高まっており、核廃絶と核不拡散を実現する上で中心となるべきだ」ということなら、幾らでも喜んで賛同することが出来て当然のことですよね。
これに賛同できないのは、本質的には、従軍慰安婦問題は、性奴隷では無い等と幼稚な言い訳をしているのと同じことに過ぎないとすれば、もう聞いて呆れると同時に、此れ程悲しいことはございませんよね。
だが、何を言ったところで、子供の喧嘩になるばかりでしか無いと思うと、もう何も言いたくは無いし、議論なんかしたくも無いし、ただ自分たちも幸せに暮らしたいという思いだけは共通するものとして、分かち合ってあげれば良いだけのことだとすれば、それこそ、これを「逆転の罠」として利用すれば、これに賛同する70カ国に対しては、うまく騙されたふりをして、「賛同することができなくて申し訳ございません。日本の安倍総理は、結局のところは、アメリカの言いなりになることしか出来ない一部の連中が、その跳ね返りの一部の連中の抵抗を恐れるあまりに、結局のところは自分達の権力欲を護持したいがために、頭がおかしくなって賛同することが出来ないだけのことですので、どうぞ絶対に相手になさらず、中国を見倣って、騙されたふりをして、馬鹿にしてやって、安倍総理とこれにしがみつくことしか出来ない使い物にならない間抜けと馬鹿の寄せ集めに過ぎない恥知らずな日本人だけを幾らでも揺さぶって、嘆き悲しませてあげて堕落させて下さい」とでも喜んで伝えてあげるしかございませんよね。
これにより、今度はまともな日本人からすれば、全人類と共に、騙されたふりをして、こうした日本の右翼連中だけを、そっと静かに窮地に追いやる様にして、「どうぞ、何処か人目のつかないところで、そっと静かに幸せに暮らして下さい」ということで構わないのだし、それこそ、自民党と日本維新の会だけで、幾らでも勝手に子供の喧嘩でもやらせてあげて、共倒れさせて堕落させてしまう様にすることで、安倍総理も橋下市長も共に嘆き悲しませると共に、安倍総理に対しても、騙されたふりをして、「どうぞあなたがたと運命を共にしてくれるお友達と共に、幾らでも仲良く嘆き悲しんで、そのまま何処か人目のつかないところで、そっと静かに幸せに暮らして下さい」とでも言ってあげることで、これが「さらば暴政」に繋がれば良いのだし、日本経済は幾らでも喜んで衰退させることで、「さらば原発」に繋がり、自民党と日本維新の会を反日愛国党ということで同じ穴の狢に過ぎないという真実に辿りつけば、「さらば反日愛国党」、「さらば右翼」あるいは「さらば亡国ニッポン」、「さらば靖国神社」ということで、そっと静かに断絶することで、靖国神社については、国際社会と幾らでも切り離し、天皇陛下ともそっと静かに切り離してあげることで、幾らでもそっと静かに慰霊顕彰だけは自由に出来る様にして大切に存続してあげるようにすれば良いのだし、これを見た中国や韓国の皆様は、複雑な感情を抱きながらも、そっと静かに通り過ぎて行かれる様にしてあげれば良いだけのことだし、これを乗り越えて行くことで、日本の99%の利益が、アメリカの99%の利益に叶い、TPP参加国全体の国益に繋がるばかりでなく、中国や韓国、ロシアの国益にも叶うことが出来る様になることで、アジア太平洋地域全体で、共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らすことが出来て、平和と安定に繋がりさえすれば良いのだし、行き着く先は、全人類が一つの絆となって、世界経済を共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らすことが出来ることで、変な戦争に巻き込まれることもなく、途上国の地位が相対的に向上して底上げさせてあげることで、先進国の地位は、幾らでも喜んで低下させて行くことで、日本もこの中にひっそりと喜んで埋没させてしまう様にすれば、全人類からは、日本は世界一心豊かで尊い平和孤児として高く評価されることになるのなら、この象徴として君臨する存在が天皇陛下である、ということになれば、天皇陛下にとりましても何よりのことだし、日本人として此れ程誇らしいことはございませんし、此れ程素晴らしいこともございませんし、此れ程喜ばしいこともございませんし、何も言うことはございませんよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/57251786

この記事へのトラックバック一覧です: NPT準備委「人類生存へ核不使用を」 日本は賛同せず :

« ソハの地下水道 | トップページ | 米政権、安倍首相発言に懸念 中韓にらみ自制促す »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31