« なぜ4割の得票で8割の議席なのか~いまこそ、小選挙区制の見直しを | トップページ | 就活繰り下げ・育休延長を=首相要請、経済団体「異論ない」 »

2013/04/19

枚方生活保護自動車保有訴訟 完全勝訴!

560138_422231084539586_1399559450_n きびしい悲しい事件もあるが、うれしいたたかいの成果もある。今日、大阪地裁での判決。この事件は、生まれつき股関節に障害を持ち、歩行が困難な原告・佐藤キヨ子さんが、日常生活に不可欠で、かつ、資産価値もない自動車の保有を理由に生活保護を廃止され、再度の保護開始申請も却下したことについて、廃止処分及び却下処分の違法性を訴えていたもの。判決は、却下処分を取り消すとともに、国家賠償法上も違法であるとして、佐藤さんに172万円の損害賠償の支払いを命じる画期的なもにになった。

 もともと、現在でも、生活保護を利用する障害者の自動車保有を原則制限する厚労省課長通知なるものは存在する。しかし、この間のたたかいのなかで、裁判所の判決でも、保有する要件を満たした場合自動車んお保有が認められるとされている。ところが、この人に自動車が必要かどうかをきちんと検討することなく、自動車が処分されていないから生活保護は廃止という機械的な対応がとられたもの。障害者の権利という点でも、生活保護の運用という点でも2重3重に問題のあるものだったのだと思う。そのことをみごとに断罪した意義は大きいと思う。

 写真は弁護団の声明です。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« なぜ4割の得票で8割の議席なのか~いまこそ、小選挙区制の見直しを | トップページ | 就活繰り下げ・育休延長を=首相要請、経済団体「異論ない」 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

そもそも障害者に限らず、生活保護受給者への自動車の処分や保有に関しては、そうした当事者の皆様方の
方に、どうするのかということを自由に選択する権利があって然るべきところだし、これを国や自治体等の職員が
勝手に判断することこそが、根本的に間違っているに過ぎないという真実に辿りつけば、これは当然の判決という
ことになりますよね。
だとすれば、生活保護受給者の皆様からすれば、自動車が必要である場合には、責めてもの軽自動車やエコカー
等の低燃費車であれば保有が認められて然るべきでもあるし、特に必要なければ、処分すれば良いだけのことです
よね。
それと同時に、少なくとも最低賃金水準だけは、生活保護受給水準にも満たないようなことだけは絶対にあってはなら
ないし、だからと言って、生活保護受給水準を引き下げれば良いなんてことは絶対に許されるべきものではございま
せんよね。
こんなことをすれば、就労意欲を喪失するに決まっているし、それこそアメリカや中国ではございませんが、幾らでも
騙されたふりをして、貰えるものは貰ってあげようとして揺さぶられるのは当然のことだし、これが嫌なら、最低賃金
水準というものを幾らでも底上げして、ある一定のところを生活保護受給水準の上限とするようにすれば良いだけの
ことだし、これなら、少なくとも、このような真似をする人たちは一人もいなくなる分けだし、逆に少しでも収入があれば
幾らでも、喜んで生活保護支給額を減らしてあげることで、減らした分は、どうぞ他にも生活に困っている人たちに
廻してあげて下さい、とでも言ってあげるようにすれば良いだけのことだし、国や自治体としては、これに対して有り難く
受け止めて、喜んで応じてあげるようにすれば良いだけのことだし、それこそ、アメリカに対して、上手く騙されたふりを
して、例えば地位協定の見直しや、例えば、日本が脱原発に向かうことで、放射性廃棄物や使用済み核燃料の最終
処分を含めて、幾らでもアメリカにお願いする見返りとして、日本に運び込まれたオスプレイについては、例えば韓国に
持って行かれるのなら、竹島でオスプレイの訓練でもするのならば、どうぞご自由に、とでも言ってあげるようにすれば
良いだけのことだし、南シナ海や南沙諸島にでも持って行かれるのなら、どうぞご自由に、とでも言ってあげるようにす
れば良いのだし、アメリカから、このような生活保護不正受給者の真似を仕出かすくらいなら、その分、少しでも負担
軽減を図ることで、日本の99%の利益がアメリカの99%の利益にも叶うことが出来る様に見直して行く様にすれば、
憲法改正なんかしなくても幾らでも出来る分けだし、これだけでも、こうした生活に困っている人たちに幾らでも廻して
あげることが出来れば、それが何よりのことだし、同時に、貧富の格差というものも一定の範囲内に縮小し固定化する
ことで、お互いに損することもなく、得することが出来て、共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに
暮らすことが出来る社会となって、対米従属からもそっと静かに離れながら、ただひっそりと自立する道を選択すること
で、日本が、成熟した素敵な大人の国となって行くことが出来れば、全人類から心豊かな尊い平和孤児として高く評価
されることにもなれば、これこそ幾らでも誇りとすることが出来れば、これだけで十分なことでは無いでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/57205683

この記事へのトラックバック一覧です: 枚方生活保護自動車保有訴訟 完全勝訴!:

« なぜ4割の得票で8割の議席なのか~いまこそ、小選挙区制の見直しを | トップページ | 就活繰り下げ・育休延長を=首相要請、経済団体「異論ない」 »

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30