« 4・28は『主権回復の日』か!?その偽りを告発する集会 | トップページ | 詰め込み保育「目届かず」 面積基準緩和を検証 »

2013/04/29

石破氏 参院選で憲法9条改正訴える

 GWで、国会が休みとなって、自民党のお偉方は、いろいろ発言しますね。本音がどんどん見えてきます。まず、石破さん。

石破氏 参院選で憲法9条改正訴える(NHKニュース)

 自民党の石破幹事長は熊本市で講演し、憲法改正について「憲法にはどこにも軍隊の規定が書かれていない。時代に合わなくなった憲法を見直すことが自民党の責務だ」と述べ、夏の参議院選挙で、憲法9条に軍隊の規定を盛り込む改正を訴える考えを示しました。
 この中で自民党の石破幹事長は、憲法改正について「主権独立国家にふさわしい憲法を作らなければならないというのが安倍総理大臣の思いだ。国家の独立が外敵の侵害で揺らいだ場合に独立を守るのが軍隊だが、憲法にはどこにも軍隊の規定が書かれていない。時代に合わなくなった憲法を見直すことが自民党の責務だ」と述べました。
そのうえで、石破氏は「参議院選挙では獲得する議席の数も大事だが、有権者にどういう思いで自民党に入れてもらうのかが極めて大事だ。憲法改正などを訴えれば、甘い話ばかりではなく厳しい批判を受けることもあるが、本来は自民党がもっと前にやっておくべきことだった」と述べ、夏の参議院選挙で、憲法9条に軍隊の規定を盛り込む改正を訴える考えを示しました。

 よりつっこんで解説してみせるのが高村さん。

自民副総裁、憲法9条2項削除「譲れない」 (日経新聞)

 自民党の高村正彦副総裁は29日のTBS番組で、戦力の不保持と交戦権の否認をうたう憲法9条2項について「文字通りみたら自衛隊は憲法違反だ。削除し、自衛隊を明記した方がいい。絶対に譲れない」と述べた。9条改憲に慎重な公明党との連立解消の可能性に関しては「当面、誰も考えていない」と否定した。

 改憲の最大のねらいが9条2項の撤廃にあることを明らかにしている。

 参議院選挙で最大の争点にするというのなら、しっかりうけてたたないといけない。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 4・28は『主権回復の日』か!?その偽りを告発する集会 | トップページ | 詰め込み保育「目届かず」 面積基準緩和を検証 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/57275463

この記事へのトラックバック一覧です: 石破氏 参院選で憲法9条改正訴える:

« 4・28は『主権回復の日』か!?その偽りを告発する集会 | トップページ | 詰め込み保育「目届かず」 面積基準緩和を検証 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30