« 普天間返還:辺野古移設前提に「22年度以降」 日米合意 | トップページ | 私大下宿生の仕送り額最低更新 昨年度新入生は8万9500円 »

2013/04/05

福島第一原発3号機 燃料プール冷却再開

 近くで地震もおこっているし、やはり大きな不安。当局が、安全だという認識をもってもたうと困るんだよなあ。

福島第一原発3号機 燃料プール冷却再開(NHKニュース)

 福島第一原子力発電所で、3号機の燃料プールの冷却システムが停止するトラブルが発生し、東京電力は、午後5時20分ごろ、復旧作業が終えて冷却システムの運転を再開させました。
 5日午後2時半ごろ、福島第一原発の3号機にある燃料プールの冷却システムで、電源系統が故障したことを示す警報が作動し、東京電力が確認したところ、冷却システムが停止していました。
 3号機のプールには使用済み燃料が514本、使っていない燃料が52本の、合わせて566本が保管されていて、プールの温度は午後2時現在で東京電力の安全上の規定で定められている65度より低い15.1度でした。
 水温の上昇は、1時間当たりおよそ0.15度と想定されていて、達するまでに、およそ2週間あるとしていました。
 東京電力は、復旧作業を進めた結果、午後5時20分ごろ、冷却システムの運転を再開させました。
 このトラブルで、原発周辺の放射線量を測定しているモニタリングポストの値に変化はないということです。
 福島第一原発では、先月18日に発生した停電に伴って、1号機と3号機と4号機の燃料プールの冷却システムなどが最大29時間停止したトラブルが起きていて、屋外にある仮設の配電盤に入り込んだねずみが端子の間に挟まってショートしたことが原因と分かっています。
 東京電力が5日のトラブルについて調べたところ、電気系統のうち、屋外のコンテナに設けられた「動力盤」と呼ばれる電気を分岐する設備で、先月のトラブルを受けて、小動物が入らないよう金網を設置する作業をしていたところ、動力盤の故障を示す警報が作動したということです。
 東京電力は、金網の設置作業中に金網が動力盤に触れてトラブルが起きた可能性もあるとみて調べています。
 東京電力は記者会見で「ご心配をおかけしていることをおわび申し上げます」と謝罪しました。

 ネズミなどが電源盤のある場所に侵入しないよう網を設置する作業をしていた際のミスってか?恐ろしいような放射線量のなかでの作業なんだろうなあ。原始的な作業なんだろうなあ。いま福一がおかれている状況がわかろうものだよなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 普天間返還:辺野古移設前提に「22年度以降」 日米合意 | トップページ | 私大下宿生の仕送り額最低更新 昨年度新入生は8万9500円 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/57111210

この記事へのトラックバック一覧です: 福島第一原発3号機 燃料プール冷却再開:

« 普天間返還:辺野古移設前提に「22年度以降」 日米合意 | トップページ | 私大下宿生の仕送り額最低更新 昨年度新入生は8万9500円 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31