« アルゴ | トップページ | 生活扶助費削減で厚労相 消費実態調査難しい 衆院予算委 »

2013/04/01

基地騒音苦情が過去最多 宜野湾

 ニュースをクリップ。

基地騒音苦情が過去最多 宜野湾(沖縄タイムス)

 宜野湾市が設置している「基地被害110番」で、騒音の苦情件数が2012年度は最多の293件(3月29日現在速報値)にのぼることが31日までに、市のまとめで分かった。11年度より68件増加した。地上デジタルテレビの受信障害を含めると計365件で、そのうち少なくとも53件がオスプレイが原因だとする苦情の訴えで、配備による負担増が浮き彫りになった。市は「防音工事の拡充などを国に求めていきたい」としている。
 オスプレイは昨年10月に配備され、13年3月までの半年で苦情件数は全体の15%にのぼった。
 「低空で飛行して自宅が揺れるくらい」(真栄原の女性)、「オスプレイは重低音なので心臓まで響く。健康への影響が心配」(宇地泊の女性)などの訴えがあった。浦添市民からの苦情もあり、広範囲で騒音の影響が出ているとみられる。
 2月26日には滑走路南側の上大謝名公民館で、配備後最大値となる102デシベル=電車通過時の線路わきに相当=の騒音を計測。昨年11月にも同公民館で101・3デシベルを記録するなど、周辺地域は「長時間さらされると難聴になるレベル」の騒音にさらされている。
 外来機のFA18戦闘攻撃機ホーネットの飛来による爆音も深刻。同機が相次いで飛来し、市内小学校の入学式が中断した昨年4月は1カ月で75件の苦情があった。今年2~3月にも飛来が相次ぎ、上大謝名公民館では121・1デシベル=飛行機のエンジン近くの騒音に相当=を記録し、市は「市民が不安、精神的苦痛を感じている」として沖縄防衛局へ抗議している。

 沖縄の人に聞くと、基地のまわりに住んでいる人は、基地に慣れっこになっているという。騒音にも。だけどそれでもこの苦情なんだ。
 負担軽減などはどこにも存在していない。普天間は撤去しなかい。そして、新基地は許されない。沖縄の声を聞くべきだ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« アルゴ | トップページ | 生活扶助費削減で厚労相 消費実態調査難しい 衆院予算委 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/57086386

この記事へのトラックバック一覧です: 基地騒音苦情が過去最多 宜野湾:

« アルゴ | トップページ | 生活扶助費削減で厚労相 消費実態調査難しい 衆院予算委 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31