« 村山談話「そのまま継承はせず」=安倍首相が言及-参院予算委 | トップページ | 憲法改正の首相答弁要旨(23日) »

2013/04/23

ユニクロ、「世界同一賃金」導入へ 優秀な人材確保狙う ファーストリテイリングの「世界同一賃金」

 うーん。これはという発言。

ユニクロ、「世界同一賃金」導入へ 優秀な人材確保狙う ファーストリテイリングの「世界同一賃金」(朝日新聞)

 「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は、店長候補として採用した全世界で働く正社員すべてと役員の賃金体系を統一する「世界同一賃金」を導入する考えを明らかにした。海外で採用した社員も国内と同じ基準で評価し、成果が同じなら賃金も同水準にする。
 すでに役員や上級部長らは実施し、今後、一部の店長まで広げる。企業のグローバル展開が加速するなかで、賃金体系の統一にまで踏み込む企業が出てきた。
 日本の働き手たちは、新興国や欧米の社員と共通の土俵で働きぶりが評価され、世界規模の競争を強いられることになる。新制度が根づけば、給与水準が全世界で均一化していき、比較的高い日本の給与が下がる「賃金のフラット化」につながる可能性もある。…

 これがそのインタビュー。

 世界同一賃金というが、そう簡単な話じゃない。なぜななら、為替の問題もあれば、そもそも文化も違えば、生活水準も違う。購買力も違う。経済の到達点が均一じゃない。なにをもって、賃金をそろえるというのか。つっこんで検討したとは思えない発言。いわば「グローバル化」を可視化するための、きわめて観念的な議論としか思えないのだけれども。ならば、最初に、圧力として加わってくるのは何なのか。インタビューではこんなことも言っている。
 「それはグローバル化の問題だ。10年前から社員にもいってきた。将来は、年収1億円か100万円に分かれて、中間層が減っていく。仕事を通じて付加価値がつけられないと、低賃金で働く途上国の人の賃金にフラット化するので、年収100万円のほうになっていくのは仕方がない」
 「そういうことだと思う。日本人にとっては厳しいかもしれないけれど。でも海外の人は全部、頑張っているわけだ」

 「グローバル化」は企業にとって生きるか死ぬかの問題だと、脅す、そういう役割を果たす言説だ。そんなことは、経済の素人のボクだってわかる。日本で賃下げはしないとは言っているが、結局は、日本の労働条件の悪化につながるのは容易に想像できるのだけれども。
 こういう議論はそんなに底が深いとは思えない。問題は、そういうことをいとも簡単に言ってしまう感覚だ。批判があろうが、現実がそれを圧倒するのだと言いたいのだろうか。相当、しっかり反撃しないといけないのかもしれない。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 村山談話「そのまま継承はせず」=安倍首相が言及-参院予算委 | トップページ | 憲法改正の首相答弁要旨(23日) »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/57235039

この記事へのトラックバック一覧です: ユニクロ、「世界同一賃金」導入へ 優秀な人材確保狙う ファーストリテイリングの「世界同一賃金」:

« 村山談話「そのまま継承はせず」=安倍首相が言及-参院予算委 | トップページ | 憲法改正の首相答弁要旨(23日) »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30