« 自衛隊監視訴訟 仙台高裁、住民側尋問内容を容認 | トップページ | ストレス障害:元裁判員、食欲失い幻覚も 福島・死刑判決 »

2013/04/17

保育規制緩和反対 意見書提出

 この動きは聞いていたけど。当事者の声の広がりを感じさせるよねえ。

保育規制緩和反対 意見書提出(NHKニュース)

 保育所の待機児童を解消するため、政府の規制改革会議が緊急措置として保育士の人数などを定めた国の基準を緩和することなどを検討していることについて、保護者で作るグループが17日、「子どもの安全が守られない懸念がある」などとして、規制緩和に反対する意見書を政府に提出しました。
 要望を行ったのは、保育所で起きた事故で子どもを亡くした親や、待機児童の解消を求めている東京などの保護者で作る5つのグループで、17日、規制改革会議の事務局がある内閣府に意見書を提出しました。
保育所の待機児童は、去年4月時点で全国で2万4000人余りに上っていて、母親が働くのを諦めたり、保育料の高い認可外の保育所を利用したりするなどしています。
 政府の規制改革会議は、待機児童を2年間で解消することを目指して、待機児童が多い都市部では、緊急措置として、保育士の人数などを定めた国の基準を特例的に緩和することなどを検討しています。
これについて、意見書では、規制を緩和すると子どもの見守りが不十分になり、安全が守られない懸念があるうえ、保育士の負担が増え仕事を辞める人が増えかねないなどとして、基準を満たした保育所を増やすよう求めています。
 これについて、内閣府は、「今回の保護者からの要望も踏まえて議論を進めたい」としています。

 仕事に、保活に、ぎりぎりのところで、必死にがんばっているママ・パパの姿が目にうかぶ。こういう当事者の運動は、これまでどうしても保育園を軸にした運動が多かったし、それはいまでも大事だけど、保活で苦しんでいるママ・パパをも視野にいれた運動として注目される。保育園の枠を越え、ネットでつながる新しさもあるなあ。今後はどういう運動になっていくのか。ボクらにどんなことができるかなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 自衛隊監視訴訟 仙台高裁、住民側尋問内容を容認 | トップページ | ストレス障害:元裁判員、食欲失い幻覚も 福島・死刑判決 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/57194388

この記事へのトラックバック一覧です: 保育規制緩和反対 意見書提出:

« 自衛隊監視訴訟 仙台高裁、住民側尋問内容を容認 | トップページ | ストレス障害:元裁判員、食欲失い幻覚も 福島・死刑判決 »

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31