« 就活繰り下げ・育休延長を=首相要請、経済団体「異論ない」 | トップページ | 息子はなぜ死んだ?就職活動と自殺 »

2013/04/19

安倍首相、改憲発議「可能性出てきた」=公明代表、96条改正に慎重

 急速に争点化していることは、事実。

安倍首相、改憲発議「可能性出てきた」=公明代表、96条改正に慎重(時事通信)

 安倍晋三首相は19日の記者会見で、憲法改正の発議に必要な衆参両院で3分の2以上の議席確保に関し「いよいよ可能性が出てきた」と述べ、夏の参院選で自民党や日本維新の会など改憲を志向する勢力の多数派形成に期待を示した。
 首相は発議要件を定めた憲法96条に触れ、「日本維新の会も憲法改正は96条からやるべきだと言っている」と指摘。「選挙を通じて96条を変える意味について議論が起こり、多数を得ることができれば、さらに議論が高まっていく」と語り、要件緩和を争点に参院選に臨み、勝利を目指す考えを強調した。
 一方、公明党の山口那津男代表は講演で、発議要件について「『衆参3分の2以上が厳しいから半分に』という意見もあるが、その意味をリアルに想像して判断できるほど議論は成熟していない」として、96条改正に改めて慎重な考えを表明。「参院選で熟した選択ができる状況には至りにくい」と争点化にも否定的な見解を示した。

 かなり前のめりの安倍さん。批判はいろいろなされている。そもそも、国家をしばる憲法を変える方法を緩和するもので、憲法の変質を意味するとか。いわゆる「立憲主義」をないがしろにするものだと。それは大事だ。
 いずれにしても、安倍さんは、その目的を隠している。典型的なのが96条には後段がある。それは、「憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する」という条文。つまり、いまの憲法では改正は、いまの憲法と一体のもの以外は想定されていないという問題。ところが、自民党の改憲案はこの後段が削除されている。いわば新しい憲法をつくるというもの。自身の改憲案で96条には、そういう改変がなされているのに、ここに手をつけるのかは語らない。
 もちろん、形式的には、この条文を残しても、手続きを緩和して、まったく違う憲法をつくることがおこなわれるということはありうるのだけれども。つまり、問題は、根本的にちがう憲法をつくろうと主張している人たちが、この96条改憲のみを語ることの欺瞞性。そんなことを感じるのだけど。ほんとうに欺瞞的な議論だと思う。だからこそ、警戒を緩めてはならない。

 さて、夜に、ご同業者と、電話でちょっとおしゃべり。どこも、人手不足で、忙しそう。相変わらず遅くまで仕事してそう。やっぱり、人の営みに役に立てる本をつくりたいですよね。ボクもやっぱりがんばらなきゃねえ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 就活繰り下げ・育休延長を=首相要請、経済団体「異論ない」 | トップページ | 息子はなぜ死んだ?就職活動と自殺 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/57207127

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相、改憲発議「可能性出てきた」=公明代表、96条改正に慎重:

» 憲法改正:維新が96条改正案 改憲発議要件緩和  憲法と一般の法律は違う [自分なりの判断のご紹介]
来週は? おー、5月3日ですねー。 憲法記念日ですよ。 で、この話題。 憲法改正:維新が96条改正案 改憲発議要件緩和 日本維新の会国会議員団は23日、 国会内で臨時総務会を開き、改憲の ...... [続きを読む]

« 就活繰り下げ・育休延長を=首相要請、経済団体「異論ない」 | トップページ | 息子はなぜ死んだ?就職活動と自殺 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30