« 解雇の金銭解決検討へ 首相「考えない」との答弁修正 | トップページ | 米空母、西太平洋で展開=シンガポール寄港-さらに1隻派遣も・米海軍 »

2013/04/04

大都市における30代の働き方と意識 ―「ワークスタイル調査」による20代との比較から―

 労働政策研究・研修機構の小杉さんたちの新しい調査の報告書がHPにアップされている。「就職氷河期世代」といわれる現在の30代の現在の仕事と生活について明らかにするというもので、東京都の30代2000人に対して、質問紙調査を実施したものだそうだ。

 概要には主な事実発見として、11の点が述べられているけれど、ざっと見ていて、非正規で職業生活をはじめて人も、いったん正社員になることが少なくないけれども、ずっと正社員でいる人より、他の形態から正社員になったケースの方が、生活への満足度が低く、とてもきつくて不安定な状況にあることが推測される。そして、不安定ななかにいる人ほど、自らの仕事や生活に対して否定的ななっていること。自分の仕事について「強み」の自己認識をもっている人ほど、雇用の問題が個人の問題というより社会の問題であるという認識をしていることなどが気になった点。

 この世代は学校から社会への移行がひじょうに不安定になった最初の世代とも言えるのだろう。さらに調査を見れば、この世代より20代のほうが雇用に関してはもっと厳しい状況にある。それだけに、この世代のいわば「取り残された」層にどういう支援がなされるべきかが、若者全般の雇用に社会がどう向き合うべきかということを考えるうえでも、大事だということなんだろうなあとも思う。やはりちゃんと読むべきものなのだろうなあと思ったんだけどねえ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 解雇の金銭解決検討へ 首相「考えない」との答弁修正 | トップページ | 米空母、西太平洋で展開=シンガポール寄港-さらに1隻派遣も・米海軍 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/57104665

この記事へのトラックバック一覧です: 大都市における30代の働き方と意識 ―「ワークスタイル調査」による20代との比較から―:

« 解雇の金銭解決検討へ 首相「考えない」との答弁修正 | トップページ | 米空母、西太平洋で展開=シンガポール寄港-さらに1隻派遣も・米海軍 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31