« 3・11 東日本大震災2周年メモリアル集会 | トップページ | 2年後の線量 »

2013/03/11

3.11 あの日から2年 シリーズ東日本大震災 故郷を取り戻すために ~3年目への課題~

 震災当日のNスペは、復興そのものが課題だった。

Thum_01_5 東日本大震災の発生から2年。この間、津波で甚大な被害を受けた東北の沿岸各地では、がれきの撤去が一段落し、町ごとの「復興基本計画」が出そろった。現在、この基本計画に沿って、住民の高台移転と沿岸部の再整備が急ピッチで進められようとしている。ところが、莫大な国費も投じて動き出した各地の復興事業が、いくつもの壁にぶつかり暗礁に乗り上げている。番組はその現実を、①想定外の人口の流失や企業誘致失敗によって生まれようとしている膨大な「事業空白地帯」、②被災者同士による「住民合意」の膠着状態、③膨大な復興業務による「自治体職員の疲弊」という三つの視点から浮き彫りにし、課題解決の道筋を探していく。

 なぜ、いまだに瓦礫をとりのぞいた平地のままになっているのか。その復興の遅れに迫ろうとする。うーだけど、住民合意の難しさは描かれているようなものなのだろうか?空白地帯が生まれるのは、想定外なのだろうか? 住民の合意は時間がかかる。ならば、だからこそ地域の実情に沿うような柔軟の制度になっているのだろうか。とくに急がれる住宅と生業の復興。ここに柔軟さがあるのか?そうしたとりくみに欠かせない自治体職員。だけど、なぜここまで不足するにいたったのか? そこに適切な対応がなされていたのか。いろいろなわだかまりが残る。もっとつっこんでほしいなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 3・11 東日本大震災2周年メモリアル集会 | トップページ | 2年後の線量 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/56936973

この記事へのトラックバック一覧です: 3.11 あの日から2年 シリーズ東日本大震災 故郷を取り戻すために ~3年目への課題~:

« 3・11 東日本大震災2周年メモリアル集会 | トップページ | 2年後の線量 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31