« イラク戦支持の検証置き去り=自衛隊派遣の拡大志向-安倍政権 | トップページ | 原発事故関連死(25)「母の死で金取り」 思わぬ非難、家族苦悩 »

2013/03/20

辺野古新区長に嘉陽氏 移設反対住民も一部支持

 ずっと気になっていたニュース。そうか同数でのくじの勝利か。

辺野古新区長に嘉陽氏 移設反対住民も一部支持(琉球新報)

 日米両政府が米軍普天間飛行場の移設先とする名護市辺野古区で17日、任期満了に伴う区長選挙が46年ぶりにあり、即日開票の結果、新人の嘉陽宗克氏(60)=元社会福祉法人事務局長=と現職の大城康昌氏(58)が共に407票となり、くじ引きで嘉陽氏が新区長に選ばれた。
 嘉陽氏へは辺野古移設に反対する一部住民も支持。政府が辺野古埋め立ての申請を3月中にも行うとみられる中、新区長の下、今後の同区の判断が注目される。
 投票資格がある区民926人中814人が投票。投票率87・9%だった。嘉陽氏の任期は4月1日から2015年3月31日。選挙戦では6期12年続く区行政の刷新などを訴え、移設問題は争点にならなかった。

 だけど、辺野古はずっと移設推進派の区長で運営されてきた。この間は選挙もおこなわれなかった。それが、今回の選挙になったのだ。だから、支持も広がったし、切り崩しも激しかったという。そして、推進派は勝たなかった。これは大きなことだと思います。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« イラク戦支持の検証置き去り=自衛隊派遣の拡大志向-安倍政権 | トップページ | 原発事故関連死(25)「母の死で金取り」 思わぬ非難、家族苦悩 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/56998479

この記事へのトラックバック一覧です: 辺野古新区長に嘉陽氏 移設反対住民も一部支持:

« イラク戦支持の検証置き去り=自衛隊派遣の拡大志向-安倍政権 | トップページ | 原発事故関連死(25)「母の死で金取り」 思わぬ非難、家族苦悩 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30