« 「就職活動に関わる意識調査」報告会 | トップページ | 魂の旋律 ~音を失った作曲家~ »

2013/03/31

かぞくのくに

Main_large_3 ずっとみたくて、なかなか時間がとれなくてみれなかった映画をやっとDVDで見た。評判にたがわず、俳優たちの熱演、まちがいなく去年のベスト1だな。
 ストーリーは、次のよう。日本に住むリエ(安藤サクラ)と帰国事業で北朝鮮へ帰った兄ソンホ(井浦新)。離れて暮らして25年が経ち、ソンホが病気の治療のために日本に帰国することになった。期間は3か月。家族や仲間はソンホとの再会を喜ぶ一方、担当医には3か月では治療は不可能と告げられる。しかし、滞在延長を申請しようとした矢先、本国から「明日帰国するよう」と命令が下り……。
 映画はドキュメンタリータッチで、たんたんとすすむ。気持ちのすれちがい。そこに存在する”あの国”。隣国でありながら遠く、そして理解できない国。ボクらはたしかに、そういう国をある種の”恐怖”で見つめている。おりしも、休戦協定が破棄されて、戦争の危機に直面している。”あの国”とどう向き合うのかは、いまボクたちの国が直面している大きな問題でもある。
 ”あの国”で生きる人、そして、そのことにふりまわれる人。家族という絆のもとに、大きな、想像のつかないほどの”葛藤”。ボクらが、”あの国”のことを考えるとき、同時に、”あの国”との関係で、葛藤する人がいることを忘れてはいけない。問題は、そう単純じゃないんだと。
 映画は ボクらに考えろっていう。生き抜くことだけを考える国とはちがう国に生きるボクら…。
 現実のある国、家族の”葛藤”。苦しみ、そういうものへの思いの詰まる、そういう映画だった。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 「就職活動に関わる意識調査」報告会 | トップページ | 魂の旋律 ~音を失った作曲家~ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/57076920

この記事へのトラックバック一覧です: かぞくのくに:

« 「就職活動に関わる意識調査」報告会 | トップページ | 魂の旋律 ~音を失った作曲家~ »

無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31