« 原発事故関連死(25)「母の死で金取り」 思わぬ非難、家族苦悩 | トップページ | 教育格差、6割が「容認」 朝日新聞・ベネッセ共同調査 »

2013/03/20

イラク戦争10年 福田元首相「我々に情報はなかった」

 やっぱり検証は必要だ。

イラク戦争10年 福田元首相「我々に情報はなかった」(朝日新聞)

 イラク戦争開戦当時、官房長官だった福田康夫元首相が朝日新聞のインタビューに応じ、小泉純一郎首相の開戦支持表明の直前、英国からブレア首相の議会演説に先駆けて支持を打ち出してほしいと打診されていたことを明らかにした。「イラクに大量破壊兵器(WMD)がある前提」で支持した日本だが、判断材料を得ようにも「手も足もないという感じがした」と日本独自の情報入手ができなかったと率直に認めた。
 2003年3月20日の米英軍の先制攻撃を前に、当時のブッシュ米大統領が18日(日本時間)にイラクへの最後通告演説をした。福田氏によると、その頃に英国外交筋が福田氏に「ブレア首相がこの問題で議会演説をする。日本がその前に英米への支持を表明してほしい」と要請してきた。
 福田氏は「小泉首相はもうじき(記者団に)ぶら下がりをする。それを見て判断を」と返答したが、「開戦の判断で英国も(世論の反発で)相当困っていた」との印象を受けたという。結局、小泉氏は直後に「米英が武力行使に踏み切った場合、支持する」とイラク攻撃支持を打ち出した。…

 こちらが、福田さんのインタビュー。
 そうかイギリスの働きかけがあったのか。それ以外は、福田さん発言はまあ。

 このとき、日本の憲法も、国際法もゆれたわけだ。国際法を上回る正義ということが主張され、国際法も憲法も現実とのあいだで、その行方をさぐった。
 なぜ、検証が必要が。国際法や憲法のうえでも、もう一度その理解への確認が必要だからか。と、同時に、それは、未来にどんな法的な社会を願うのかということにかかわる。それが、歴史の中で、このイラク戦争を理解するということなのだと思うなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 原発事故関連死(25)「母の死で金取り」 思わぬ非難、家族苦悩 | トップページ | 教育格差、6割が「容認」 朝日新聞・ベネッセ共同調査 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

結局のところ、小泉純一郎というのも、世界的に見れば、アメリカの言いなりと言っておきながら、自分たちの目先の利益のことしか考えないだけの、使い物にならない間抜け総理でしか無いというのも一つの真実に近いとすれば、戦前の日本が仕出かした従軍慰安婦問題と全く変わり無いとすれば、世界的に見れば、物凄い笑い話にしかならないのは当然ですが、余りにも悲しい限りとしか言い様がありませんね。
この時、もしも仮に英国が、騙されたふりをして、ドイツやフランス等と共に、アメリカに対して、イラクと戦争したければ、「どうぞご勝手に」ということで突き放してしまうことにでもなれば、アメリカが勝手に戦争をして、日本がそれを全面的に支持をしたということになるだけのことだったと思えば、それこそ関ヶ原の戦いに置き換えれば、フセイン大統領を石田三成にでも置き換え、ブッシュ大統領を徳川家康にでも置き換えれば、後から駆けつけた徳川秀忠を小泉純一郎にでも置き換えれば、イラクを制圧した後になって、自衛隊がのこのこやってきたというだけの話にしかなりませんよね。
そもそも、日米安保条約には、何もアメリカが勝手にやる戦争に対して、日本がおっとり刀で駆けつけなければならないいなんていう決まりは何処にも無いのだし、日本も上手く騙されたふりをすれば、「もしも、イラクに大量破壊兵器は存在しないという事実が確認が出来なかったとしても、仮に大量破壊兵器が存在したとしても、そんなにイラクと戦争したければ、どうぞご勝手に」ということでアメリカを突き放してあげることも出来る分けだし、それと同時に、「もしもイラクと勝手に戦争をはじめるのなら、沖縄県をはじめとする日本にある在日米軍基地だけはご利用なさらないで下さい」とでも言ってあげるくらいのことは全く問題は無かったはずだし、これにより、イラクをはじめとする中東諸国から見れば、日本はあくまでも中立的な立場として見られるだけのことなら、その方が遥に日本の国益にもなるし、イラクをはじめとする中東諸国にとっての国益にも叶うし、アメリカにとっての国益にも叶うことに繋がることになったのだとしたら、この方が遥に賢明なことになりますよね。
韓国なら、あの間抜け話を教訓に活かせば、幾らでもこれと同じことは出来るのは間違いありませんが、今度は日本が、喜んで中国の身代わりになってあげることで、これをTPP交渉にでも大いに活かして行けば、アメリカに対する日本の国益の半分は中国と韓国ならびにロシアに喜んで譲ってあげれば良いのだし、中国に対する日本の国益の半分は、アメリカと韓国ならびにロシアに喜んで譲ってあげれば良いのだし、ロシアに対する日本の国益の半分は、アメリカと韓国ならびに中国に喜んで譲ってあげる様にすることで、対米従属からそっと静かに離れながらも、世界の中でただひっそりとした二流国に喜んで転落してあげることによって、アメリカにおける99%の非富裕層の皆様にとっての利益に繋がり、これが日本の国民全体の利益にも叶うばかりでなく、カナダやメキシコが韓国の二の舞になることもなく、中国が戦前の日本の二の舞になることもなく、むしろTPP参加国全体にとっての国益にも叶うばかりでなく、中国や韓国、ロシアにとっての国益にも叶うことになれば、誰もが損することもなく、むしろ誰もが得することが出来る心豊かな尊い存在の社会福祉国家へと生まれ変わることに繋がれば、これだけを大いに誇りとすれば、これだけで構わないのだし、韓国にしてみれば、北朝鮮に限らず、ベトナムやモンゴル、ロシアをはじめ、イランを始めイスラエルやパレスチナ国家をはじめとする中東諸国に対しても良いお手本として示してあげることに繋がるのなら、これもまた大いに誇りとすることが出来るし、日本としては、ドイツと共に中国の身代わりになってあげることで、フランスや英国に対しても、良いお手本として示してあげることも出来るし、中国に対しては、喜んで反面教師になってあげることで、これもまた良いお手本として示してあげることに繋がって行けば、アメリカにとっても経済規模では縮小均衡に向かうことになったとしても、円をドルと無理心中させることなく、ただ、こうしたアメリカの言いなりと言っておきながら、目先の利益のことしか考えない金と権力の亡者ならびに、その跳ね返りに過ぎない右翼連中だけを、アメリカにおける1%の金と権力の亡者に過ぎない「親イスラエルのふりをした反イスラエル」の連中をはじめ、中国や韓国の反日活動家連中と幾らでも無理心中させることで、全人類が一つの絆となって、世界経済を共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、地球環境全体に喜んで恩返しすることによって、共に幸せに暮らすことが出来て、国際社会全体の平和と安定を齎すことに繋がるだけの尊い存在として高く評価されることに結びついて行くことが出来れば、むしろ、此れ程素晴らしいことは無いし、此れ程誇らしいことは無いし、此れ程喜ばしいことも無いし、何も言うことはございませんよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/56998792

この記事へのトラックバック一覧です: イラク戦争10年 福田元首相「我々に情報はなかった」:

« 原発事故関連死(25)「母の死で金取り」 思わぬ非難、家族苦悩 | トップページ | 教育格差、6割が「容認」 朝日新聞・ベネッセ共同調査 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31