« TPP参加に極秘条件 後発国、再交渉できず | トップページ | ひとりも殺させない: それでも生活保護を否定しますか »

2013/03/08

夜間訓練 市民から抗議の声

 のっけから、夜間訓練。愛媛から高知のほうでおこなわれたようだ。

夜間訓練 市民から抗議の声(中国新聞)

 暗闇に包まれた米海兵隊岩国基地(岩国市)から灰色の機体が悠然と舞い上がった。7日、初めて実施された垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの夜間訓練。基地周辺で様子を見つめていた市民の頭上を超え、訓練域とみられる南東方面に向けて姿を消した。
 日中に目立った動きのなかったオスプレイ。夕方になって整備を始め、日没後の午後7時すぎから基地上空を旋回。離着陸を繰り返しながら同48分ごろ、3機のうち2機が回転翼の重い音を闇に響かせながら飛び去った。約40分後、2機とも岩国基地に戻った。
 地元市民団体の松田一志代表(55)は「こんなに暗くなってからの飛行と、その間も続けられている戦闘機の離陸に危険性を強く感じた」。基地に隣接する車第2自治会の若佐賢治会長(59)は「夜間にしろ、低空飛行にしろ、なぜそうした訓練が必要なのか国がしっかり説明すべきだ」と話した。…

 海兵隊のオスプレイはいうまでもなく輸送機だ。それがなぜ、低空飛行訓練なのか? 本国では環境調査の段階で、訓練は断念となったわけだけれども。最前線で、兵士を送り込む(輸送する)ことを想定した訓練であるということなのか。まずは、四国で行われたけれども、当然さまざまな地形のところでおこなわれるのだろうな。
 だけど、こういう訓練をみるにつけ、日本の防衛などとは無関係であることがよくわかるのだけど。100歩ゆずって「抑止力」というのなら、それは結局、こちらはこのように攻めることができるのだぞっという脅し以外何ものでもないということもよくわかると思うけど。これは、憲法や国連憲章の精神からみて、どうなのかってことだよなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« TPP参加に極秘条件 後発国、再交渉できず | トップページ | ひとりも殺させない: それでも生活保護を否定しますか »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/56912500

この記事へのトラックバック一覧です: 夜間訓練 市民から抗議の声:

« TPP参加に極秘条件 後発国、再交渉できず | トップページ | ひとりも殺させない: それでも生活保護を否定しますか »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30