« 医療・福祉関係の就労女性に自殺多い 傾向- 厚労省・10年度調査 | トップページ | 3.11 あの日から2年 シリーズ東日本大震災 故郷を取り戻すために ~3年目への課題~ »

2013/03/11

3・11 東日本大震災2周年メモリアル集会

Pbceo サブタイトルは「被災地はいま、地震/津波/原発 そして私たちにできることは」。主催は東京の災対連など。
 そのメインは鈴木浩先生の基調報告。鈴木さんはまずどういう時代潮流のなかで大震災が発生したのかを指摘。混沌とした時代状況の背景に何があるのかを話された。このことは、復興の課題を考えるうえでとても大事な問題だと思うが、なかなかこの点が、復興計画に反映されないだろうなあ。そして復興に向けての視点を、「減災」という視点から、この点での復興計画の基本になるべき問題を提示された。おそらくそれには、柔軟で、それぞれの地域の実情にあったものであることが必要なのだろうけれども、たぶんまだ制度が硬直であることが原因か、ここがすすまない。福島の復興はされに考えるべきことが多い。賠償も除染も大事だが、簡単に回復しない現状のもとで、リスク・コミュニケーションの大事さを協調された。まずは避難者への生活支援。しかし、まだ、子ども・被災者支援法は実効性をもたない。国際協力のもとでのプロジェクトの話は興味をもった。除染の優先順位、除染にだけたよらない多様な方向、そして生活の質を持ったコミュニティをどう再生していくのか。とても興味深く、いろいろ勉強した内容がつまった報告だった。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 医療・福祉関係の就労女性に自殺多い 傾向- 厚労省・10年度調査 | トップページ | 3.11 あの日から2年 シリーズ東日本大震災 故郷を取り戻すために ~3年目への課題~ »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/56936820

この記事へのトラックバック一覧です: 3・11 東日本大震災2周年メモリアル集会:

« 医療・福祉関係の就労女性に自殺多い 傾向- 厚労省・10年度調査 | トップページ | 3.11 あの日から2年 シリーズ東日本大震災 故郷を取り戻すために ~3年目への課題~ »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31