« Disabled Children: Rights and Poverty: UK Perspectives | トップページ | 経済困窮:58人が死亡…昨年、民医連調査 »

2013/03/28

津波の対策不十分 日本原子力学会が原発事故調査で中間報告

 この学会はやっぱり、学会としての役割をはたせそうにないのだろうなあとも感じる。

津波の対策不十分 日本原子力学会が原発事故調査で中間報告(福島民友)

 東京電力福島第一原発事故をめぐり、日本原子力学会の事故調査委員会(学会事故調)は27日、「(国内で)津波に対する影響度や事象進展に関する分析が十分なされていなかったことは反省すべき」とする調査の中間報告を示した。報告はリスク評価や外的ハザードへの対応、過酷事故対策、環境修復などの分野で議論の経過を示したが、原発事故の概要や対策、提言など具体的な内容は年内にまとめる最終報告書に持ち越された。
 中間報告は同日、大阪府東大阪市の近畿大東大阪キャンパスで開いた日本原子力学会大会2日目で田中知委員長らが発表した。
 中間報告では「学会として事故を防ぐことができなかったことは痛恨の極み」と謝罪、「自ら反省すべき点を明らかにし、今後の学会活動を通じて取り組むべき課題への決意を新たにしなければならない」と明記した。

 報告のなかで、「安全性研究の予算がわずかで、電力会社も研究を歓迎しない雰囲気だった」「規制機関は形式的な間違い探しを品質保証と錯覚して事業者を疲弊させた」などなど。村の一員として、「電力会社に遠慮あった ...」とか、「想定超えること起こりえるとの前提に立てば回避できた…」とか言っているのだけど、感じの事故原因については、つっこんだものはなく、「設計基準となる津波の高さの見積もりが甘かった。想定を超える津波への対応能力を向上させる必要がある」とする一方、地震については東電の公表資料などから「炉心冷却などの安全機能に深刻な影響はなかった」としてしまっている。国会事故調よりも後退した内容と読める。これじゃあなあ。学会かあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« Disabled Children: Rights and Poverty: UK Perspectives | トップページ | 経済困窮:58人が死亡…昨年、民医連調査 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/57055228

この記事へのトラックバック一覧です: 津波の対策不十分 日本原子力学会が原発事故調査で中間報告:

« Disabled Children: Rights and Poverty: UK Perspectives | トップページ | 経済困窮:58人が死亡…昨年、民医連調査 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31