« ロボット革命 人間を超えられるか | トップページ | 自民支持率、過去最高の44% 朝日新聞世論調査 »

2013/03/18

徳島大1000人“無期雇用”へ 労組の運動実る 雇い止め改善「画期的成果」

 労働契約法の有期雇用条項が大学を直撃していることが話題になっているけれども、そのもとでの貴重なニュース。まあ、本来の労働契約法の精神にもとづいて運用するということなんだけど。

徳島大1000人“無期雇用”へ 労組の運動実る 雇い止め改善「画期的成果」(しんぶん赤旗)

 徳島大学は4月1日から教員系を除く有期雇用職員について、雇用期限(契約更新回数の上限)を撤廃することにしました。約千人の有期雇用職員が対象となる見込みです(看護師は無期雇用に移行済み)。同大学教職員労働組合との労使協議で大学側が回答したもの。同組合は「組合の主張通りの結論であり、労働契約法改正を機に5年で雇い止めを徹底する方針の国立大学が多い中、画期的な成果」と歓迎しています。
 最初の5年間については単年度契約とし、契約更新の際に継続審査を行いますが、5年を超える労働期間となった場合には、労働者からの申し込みにより無期契約に転換するというものです。それまでは、1年ごとの更新で3年が経過すると雇い止め。再雇用の場合には1カ月間のクーリング期間を設けていました。
 同組合は、「国家公務員準拠」による賃金7・8%の削減・退職金の切り下げ撤廃の要求とともに、有期雇用の撤廃を要求していましたが、昨年12月の協議で大学側は「原則5年での雇い止め」を提案してきました。
 これに対して同組合は、昨年2月に行ったアンケート結果を大学側に提出。有期雇用のデメリットを示して交渉を続けてきました。
 アンケートは正規・有期雇用両職員を対象に実施。正規職員の約80%(回答数159)が「有期雇用職員の雇用期限は不都合」、正規職員・有期雇用職員を合わせた全体の約90%(回答数354)が「雇用期限撤廃」「延長」を選択しています。
 同労組の山口裕之書記長は「有期雇用職員の1カ月のクーリング期間には業務に支障が起き、正規職員の過重労働につながる。雇い止めで人がかわるたびに指導業務が増えるなど正規職員の多くが不都合を感じている。今回の決定は、有期雇用職員はもとより、正規職員にとってもいいこと」と強調。「徳島大学は、経済規模でいえば徳島県で最大級の事業所で、国の機関でもある。労働者を切り捨てるようなことをしてはいけない。正しいことは率先してやるべきだ。今後は引き続き、賃金の引き上げなどを要求していく」と話しています。

 国立大学法人というのは、経営体の規模としては、その地域でかなり大きな比重をもつ。そして、そこには実に多様な雇用の形態がある。教員と職員のちがいからはじまって、教員、職員ともほんとうにその形態はさまざまだ。そういうなかで、予算の削減をうけてか、おそらくかつて以上に非正規雇用が増大している(もともと、体験的にも、大学はきわめて非正規や有期の比重が高いところであるとも言えると思うけど)のだろうと思う。本来のあり方からいって、どうなのか。これまでの3年雇い止めというものは阻止したけど、やればできるんだから! と、同時に、本来のあり方からいえばまだまだ不安定でもあるなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« ロボット革命 人間を超えられるか | トップページ | 自民支持率、過去最高の44% 朝日新聞世論調査 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/56983346

この記事へのトラックバック一覧です: 徳島大1000人“無期雇用”へ 労組の運動実る 雇い止め改善「画期的成果」:

« ロボット革命 人間を超えられるか | トップページ | 自民支持率、過去最高の44% 朝日新聞世論調査 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31