« ユニクロ 疲弊する職場 | トップページ | 生活保護 「門前払いは違反」判決確定 埼玉・三郷市が控訴断念 »

2013/03/04

朋友 島原縫製実習生訴訟で勝訴判決!

 この裁判は、中国人女性5名が研修・実習先の縫製工場において、逃亡防止のために旅券と給与の通帳を強制的に管理された上、最低賃金を大幅に下回る低賃金・長時間労働に従事させられ、さらにセクハラ、体罰、差別待遇等の不法行為を伴った事件。最低賃金額を基準とした未払賃金と残業手当及び不法行為に基づく損害賠償を求めていた。
 この外国人研修制度は、国連の人権委員会からも「奴隷制度になりかねない」「搾取的で安価な労働力への需要を増幅させ、言論や移動の自由、身体や精神的健康の権利を侵害するような条件下の労働だ」と批判されてきた問題だ。
 数年前に、熊本の島原で、中国人実習生が、ワコールの下着縫製の下請け工場で就労し、毎日5時間ほど残業(時給300円)があり、休みは月1日程度という一方で、社長はパスポートと印鑑を没収し、強制貯金をさせたあげく、使い込んだという事件があり、一時受け入れの団体まで含めて、その責任を問う裁判があったけれども、それに続くこの地での勝利判決だ。今回はすでに破産した会社の取締役夫婦個人に対しても賠償を命じる判決で、一次受入機関も理事名で、中国のブローカー代理店も代表取締役名で連帯しての賠償を認めてるそうだ。全面的な勝利判決。
 国際的な連帯という点でも大事だけど、ここまで、労働者をもの扱いにする雇用のありようを問いかけるものだけに、日本の雇用全体への与える影響もきっと小さくはない。
 とりあえず弁護団の声明が出ている。「598987_428079970611798_1258511826_n.jpg」をダウンロード

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« ユニクロ 疲弊する職場 | トップページ | 生活保護 「門前払いは違反」判決確定 埼玉・三郷市が控訴断念 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/56889190

この記事へのトラックバック一覧です: 朋友 島原縫製実習生訴訟で勝訴判決!:

« ユニクロ 疲弊する職場 | トップページ | 生活保護 「門前払いは違反」判決確定 埼玉・三郷市が控訴断念 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31