« F35部品供給容認 「三原則」形骸化の恐れ | トップページ | 憲法9条の新たな危機に抗して »

2013/03/02

義家政務官、竹富町に育鵬社教科書採択迫る

 なんというか。

義家政務官、竹富町に育鵬社教科書採択迫る(沖縄タイムス)

 義家弘介文部科学政務官は1日、竹富町教育委員会を訪ね、採択地区内で同じ教科書を使うよう定めた「教科書無償措置法」に基づき、同町が採択した中学公民教科書を「東京書籍」版から「育鵬社」版に改め、採択し直すよう求めた。同町の慶田盛安三教育長は「違法行為はない。採択を改めることはない」と強調し、今月下旬の町教委の定例会で対応を協議すると述べた。
 義家政務官は同日、県教育庁も訪ね、2011年の八重山採択地区協議会(石垣市、竹富町、与那国町)の答申結果に基づき、竹富町が年度内に育鵬社版を採択するよう指導を要請。本年度内に採択し直さない場合は、文科相が法律の範囲内で是正を求める考えも示した。
 また、特別法の教科書無償措置法が、一般法の地方教育行政法より優先するという解釈を展開し、地方教育行政法を根拠に「東京書籍」を選んだ竹富町の対応を批判。
 「来年度の需要冊数が報告できず、子どもたちの教育を受ける権利が不安定な状況が続いている」と指摘、「協議会の答申に拘束力がある。結論に基づかず採択した竹富町は違法。ルールを守っていたら当然無償だ」として、町教委に同社版の採択を促した。
 義家政務官は町教委に対し、今月末までに回答を求める方針を示した。……

 で、これがその義家がもってきた文章。「IMG.pdf」をダウンロード
 ようは、記事にもある通りの、教科書無償措置法の規定に従えというもの。来たことによる圧力ということか。
 町の子どもに真理を教える教科書採択を求める町民の会など約40人が、今回の「指導」が町への不当介入だとして、義家政務官に抗議文を手渡した。八重山の会などの動きもまた活発化しているんだろうなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« F35部品供給容認 「三原則」形骸化の恐れ | トップページ | 憲法9条の新たな危機に抗して »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/56871794

この記事へのトラックバック一覧です: 義家政務官、竹富町に育鵬社教科書採択迫る:

« F35部品供給容認 「三原則」形骸化の恐れ | トップページ | 憲法9条の新たな危機に抗して »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31