« 3.11 あの日から2年 何が命をつないだのか ~発掘記録・知られざる救出劇~ | トップページ | 夜間訓練 市民から抗議の声 »

2013/03/07

TPP参加に極秘条件 後発国、再交渉できず

 これは驚きのニュース!

TPP参加に極秘条件 後発国、再交渉できず(東京新聞)

 環太平洋連携協定(TPP)への交渉参加問題で、二〇一一年十一月に後れて交渉参加を表明したカナダとメキシコが、米国など既に交渉を始めていた九カ国から「交渉を打ち切る権利は九カ国のみにある」「既に現在の参加国間で合意した条文は原則として受け入れ、再交渉は要求できない」などと、極めて不利な追加条件を承諾した上で参加を認められていた。複数の外交関係筋への取材で七日分かった。
 各国は今年中の交渉妥結を目指しており、日本が後れて参加した場合もカナダなどと同様に交渉権を著しく制限されるのは必至だ。
 関係筋によると、カナダ、メキシコ両政府は交渉条件をのんだ念書(レター)を極秘扱いしている。交渉全体を遅らせないために、後から参加する国には不利な条件を要求する内容だ。後から入る国は参加表明した後に、先発の国とレターを取り交わす。
 カナダなどは交渉終結権を手放したことによって、新たなルールづくりの協議で先発九カ国が交渉をまとめようとした際に、拒否権を持てなくなる。
 交渉参加に前向きな安倍晋三首相は、「『聖域なき関税撤廃』が前提ではないことが明確になった」と繰り返しているが、政府はカナダとメキシコが突きつけられた厳しい条件を明らかにしていない。日本がこうした条件をのんで参加した場合、「聖域」の確保が保証されない懸念が生じる。

 安倍さんの言い分が、実は何の保証もないどころか、ほんとうはかなりきびしい実態があるのが実際であることがあきらかになりつつあるということなんだけど。当然、こうしたことは外務省なども、政府の知っているのだろうから、内外を使い分けるような、こそこそした外交などはすべきでないでしょう。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 3.11 あの日から2年 何が命をつないだのか ~発掘記録・知られざる救出劇~ | トップページ | 夜間訓練 市民から抗議の声 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

TPPに関しては、アメリカ国内における市民団体などからも、幾らアメリカの国益になると言いながら、結局のところは1%の一部の富裕層の利益にしかならず、99%の非富裕層の皆様の利益にはならないものという様な報道があったことも明るみに出たことからすれば、さすがにオバマ大統領からすれば、前のめりになって推し進める訳にはいかなくなることは間違いありませんよね。
日本としてみれば、前のめりになって賛成している連中というのは、結局のところはアメリカの言いなりと言っておきながら、自分たちの目先の利益のことしか考えない極めて強欲、傲慢、卑劣極まりないとんだ身勝手な権力や金の亡者に過ぎないとしか言い様が無いと同時に、反対派として騒いでいる連中というのは、これもまた自分達が損するのは嫌だからと言うだけの、これもまた極めて身勝手な卑劣な連中でしか無いということもまた、一つの真実として見れば、幾らでも議論の余地はあるのですが、いずれにせよこうした身勝手な賛成派と反対派については、アメリカにおける99%の非富裕層の皆様にとっての大敵であるばかりでなく、全人類にとっての大敵としか言い様が無いし、まともな日本国民全体にとっての大敵に過ぎないということもまた、一つの真実として見れば、それこそ民主党の皆様の中の多くは慎重派と言われる皆様が数多くおられるわけだし、こうした皆様を中心として、それこそまともな日本国民からすれば、アメリカにおける99%の非富裕層の皆様と幾らでも連携することで、今度は日本が中国の身代わりとなって、オバマ大統領に対して、上手く騙されたふりをすることで、TPPへの参加によってアメリカ市場に対する日本の国益の半分は中国と韓国に喜んで譲ってあげると同時に、中国に対する日本の国益の半分はアメリカと韓国に喜んで譲ってあげる様にすることで、9カ国に対して再交渉に応じていただく機会を与えてあげることを条件として参加するというのは如何でしょうか。
これなら、こうした賛成派と反対派の皆様にとっては、アメリカにおける1%の強欲な連中と共に、幾らでも全人類からつまはじきにされ生きて行くことが出来なくなっても、自らが選択した運命でしか無いのだし自明のことでしか無いと冷徹に割り切るしかございませんが、日本国民全体の利益に繋がるばかりでなく、アメリカの99%の非富裕層の皆様にとっての利益にも叶うことが出来ると共に、カナダやメキシコをはじめとするTPP参加国全体にとっての国益にも叶うと同時に、中国や韓国にとっての国益にも叶うことに繋がるのなら、誰も損することがなく、むしろ誰もが得することが出来て、アジア太平洋地域全体の経済を共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らすことが出来て、変な戦争に巻き込まれることもなく、平和と安定に寄与することに繋がるのなら、此れ程素晴らしいことは無いし、此れ程喜ばしいことも無いし、何も言うことはございませんよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/56909653

この記事へのトラックバック一覧です: TPP参加に極秘条件 後発国、再交渉できず:

« 3.11 あの日から2年 何が命をつないだのか ~発掘記録・知られざる救出劇~ | トップページ | 夜間訓練 市民から抗議の声 »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31