« 山口、多摩湖線も廃止対象 西武 米投資会社の提案公表 | トップページ | なぜいっそうの雇用不安に? 大学有期教職員からみた労働契約法改正の悪影響 『更新上限』問題 緊急院内集会 (追加あり) »

2013/03/27

「慰安婦に謝罪と補償を」 京都府議会が意見書可決

 重要なことではあるが…。

「慰安婦に謝罪と補償を」 京都府議会が意見書可決(朝日新聞)

 京都府議会は26日、旧日本軍の慰安婦とされた女性に謝罪や補償をするよう国に求める意見書案を賛成多数で可決した。市民団体によると、同様の趣旨の意見書が可決されるのは都道府県議会では初めてという。
 府議会会派の公明が「『慰安婦』問題の早期解決を求める意見書」を提案し、民主と共産が賛成、自民は反対した。意見書は、「被害女性の声を聞き、調査分析を進め、理解ある補償を行い、名誉と尊厳を回復することは日本政府の残された責務」と指摘。これらを「誠実に急ぎ行うこと」や、「歴史の事実と教訓の継承に取り組むこと」を求めている。
 従軍慰安婦問題に取り組む市民団体「日本軍『慰安婦』問題・関西ネットワーク」によると、2008年3月から昨年9月までに全国39の市町村議会が同趣旨の意見書などを可決。京都府内では6市議会が可決している。同府議会の各会派には市民団体が10年から働きかけていた。

 実は、今回、2つの決議案が提案されていた。公明党案とともに、共産党案。共産党は以前にも提案しているが、否決されている。共産党は、公明党案には「安倍首相による歴史の見直しの危険性」に触れていないと批判しつつ、賛成という態度をとった。公明党は政権与党だからねえ。そういう経緯で、自民党が反対、公明党、共産党、民主党の賛成で公明党案が可決したというわけだ。だけど、都道府県レベルでのこの種の意見書の可決ははじめてのことだから、大きな意義があるのである。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 山口、多摩湖線も廃止対象 西武 米投資会社の提案公表 | トップページ | なぜいっそうの雇用不安に? 大学有期教職員からみた労働契約法改正の悪影響 『更新上限』問題 緊急院内集会 (追加あり) »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

まともな日本人からすれば、建設的野党に過ぎないとは言え、「安倍総理の歴史の見直しの危険性」ということにまで踏み込むことについては、従軍慰安婦問題の真実というものを見れば、幾らでも結構なことであることは当然のことですが、そうは言っても、公明党についても、共産党を見倣って、あくまでも建設的野党ということで存続する道が開かれるのであれば何も申し上げるまでもないことだし、ここまで踏み込まないまでも、こういう決議が可決されることについては一歩全身に繋がるし、他の都道府県でも幾らでも見倣って行けば良いのだし、それこそ、今度は大阪府議会であれば、それこそ、幾らでも、騙されたふりをして、日本維新の会をはじめ橋下徹市長を揺さぶり、崩壊に追い込んで行くことも出来る「逆転の罠」として利用することも出来ますよね。
アメリカにおいても、地方の州議会でも、これと同様の決議が出されているわけだし、それこそ、まともな日本国民からすれば、全人類に対して、幾らでも騙されたふりをして、全世界中で、「どうぞ幾らでも安倍総理を馬鹿にして、自民党を揺さぶって下さい」とでも伝えてあげたいし、これと同時に、全国の都道府県議会や市町村議会でも、幾らでもこれと同じことをすることで、幾らでも安部総理を馬鹿にして、自民党ならびに日本維新の会を崩壊させることにでもなれば、物凄い「逆転の罠」にも利用できるし、これにより、安倍総理を幾らでも嘆き悲しませて、自民党と共に滅び去って行くのを、そっと静かに見捨てて行くことで、こうした歴史の真実に向き合い、この衝撃からくる痛みや悲しみを共に分かち合うことで、幾らでも乗り越えて行くことが出来れば、それで良いのでは無いでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/57046936

この記事へのトラックバック一覧です: 「慰安婦に謝罪と補償を」 京都府議会が意見書可決:

« 山口、多摩湖線も廃止対象 西武 米投資会社の提案公表 | トップページ | なぜいっそうの雇用不安に? 大学有期教職員からみた労働契約法改正の悪影響 『更新上限』問題 緊急院内集会 (追加あり) »

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30