« なぜいっそうの雇用不安に? 大学有期教職員からみた労働契約法改正の悪影響 『更新上限』問題 緊急院内集会 (追加あり) | トップページ | 津波の対策不十分 日本原子力学会が原発事故調査で中間報告 »

2013/03/28

Disabled Children: Rights and Poverty: UK Perspectives

 院内集会をなかぬけして、表題の研究会に参加した(民主教育研究所の主催)。イギリスでソーシャルワークの研究と養成に40年近く携わってきたDawn Juddさんの報告。なかなか外国のいまの様子というのはよくわからないから貴重な機会。イギリスで、子どもの貧困法の制定にいたる経緯というのは、何度か研究会で聞いていたけど、保守連立政権のもとでそれがどうなっているのかというのははじめて聞く話。
 もともとイギリスでは子どもの貧困がどのように議論されてきたのかという問題もそうだけど、その巻き返しの連立政権の考え方というのも驚く。だから現状はかなりたいへんな状況もあるようだ。もともと、社会的な支援というのが基本(日本の場合、障害児学校の役割が大きい)だけど、そこの削減は、若者障害者支援のワーカーが大幅に削減されていたり。とくに新自由主義改革では、個人給付が中心の政策への転換がすすめられて、それが福祉サービスの後退をもたらしているようだ。
 そこで、障害児と貧困の調査をすすめているわけだけど、その調査方法に注目。質的調査とか参加型調査とかいわれるようだけど、貧困にあの障害児に直接に聴き取りをしている。しかも、障害程度でグループを分け、軽度のグループが重度の子どもたちのそれを分析したりする。そういう議論のなかで、障害児が社会からどう孤立しているのか、どのように参加ということを望んでいるのかということが焦点かされる。子どもの権利についての議論のありようともかかわって興味深い話だった。
 センのケーパビリティやコンバーション・ハンディキャップという概念についての議論になったけど、ボク的にはちょっと違う解釈をしたんですけどねえ。
 刺激とヒントをもらって充実した会でした。謝謝。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« なぜいっそうの雇用不安に? 大学有期教職員からみた労働契約法改正の悪影響 『更新上限』問題 緊急院内集会 (追加あり) | トップページ | 津波の対策不十分 日本原子力学会が原発事故調査で中間報告 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/57055143

この記事へのトラックバック一覧です: Disabled Children: Rights and Poverty: UK Perspectives:

« なぜいっそうの雇用不安に? 大学有期教職員からみた労働契約法改正の悪影響 『更新上限』問題 緊急院内集会 (追加あり) | トップページ | 津波の対策不十分 日本原子力学会が原発事故調査で中間報告 »

無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31