« オバマ大統領2期目の一般教書演説、経済・中間層に焦点 | トップページ | 大学生への仕送り、6年連続で減少…ゼロも1割 »

2013/02/13

オスプレイ、県外での訓練増加へ

 安倍政権としては、夏までまってくれといいたいところだろうなあ。

オスプレイ、県外での訓練増加へ(沖縄タイムス)

 米軍普天間飛行場に強行配備した垂直離着陸機MV22オスプレイについて、在沖米四軍トップの海兵隊中将、ケネス・グラック四軍調整官(沖縄地域調整官)は11日、「これまでは初期運用で県内での訓練が多かったが、今後はより県外での訓練を増やしていく」との見解を示した。
 同日、面談した河井克行衆院外務委員長に述べた。河井氏がその後、宜野湾市や沖縄市と嘉手納町、北谷町でつくる嘉手納飛行場に関する三市町連絡協議会(三連協)の各首長とそれぞれ行った面談で明らかにした。河井氏が「沖縄の負担軽減のため、県外での訓練の比率を高めてほしい」と求めたことに対し、グラック氏も同様の見解を示したという。
 河井氏は11日、嘉手納基地第18航空団のマクダニエル副司令官(大佐)とも面談。同副司令官は10日夜、嘉手納基地所属の空軍兵が飲酒して起こした玉突き事故を謝罪した上で、「再発防止を一層厳粛にやっていく」と述べたという。
 一方、各首長は日米安保体制に伴う基地負担を全国で応分に担うことや「沖縄が基地経済で成り立っている」という本土の認識を批判。オスプレイの普天間配備撤回や嘉手納基地への配備反対も訴えた。
 佐喜真淳宜野湾市長は「原点は普天間返還でわれわれは何ら受け入れることは厳しい。国会で議論してほしい」と述べた。

 本土での訓練が広がれば、当然、本土の基地での運用も増える。これだけ、米兵の事件が続いているのだ。いうまでもなく、米兵の事件は、沖縄や神奈川にとどまらず、全国に広がることも予想される。
 いずれにしても、危険の広がりも含め、いま全国で、このオスプレイと米軍基地の問題、そして安保の問題が問われなければいけない。そういうたたかいがいよいよ全国で求められることになる。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« オバマ大統領2期目の一般教書演説、経済・中間層に焦点 | トップページ | 大学生への仕送り、6年連続で減少…ゼロも1割 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

??

既にタイで行われているコブラゴールド演習とかに参加して沖縄から飛んでいってますけど。
ヘリなどは佐世保からの強襲揚陸艦に乗せて海輸だそうですが、オスプレイは空中給油1回でタイまで自力飛行だとか。(いちおう、無給油でも飛行圏内ではあるらしい)

タイは、そうとうに危険な状況になってるんでしょうね(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/56760996

この記事へのトラックバック一覧です: オスプレイ、県外での訓練増加へ:

« オバマ大統領2期目の一般教書演説、経済・中間層に焦点 | トップページ | 大学生への仕送り、6年連続で減少…ゼロも1割 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30