« 丸刈りにされた女たち | トップページ | 2012高校教育シンポジウムin東京の第一日目の話(土曜日) »

2013/02/01

市立59幼稚園全廃へ…大阪市

 ボク個人は、大阪の市立幼稚園の出身者である。しかし、体罰のさわがしさに隠れて、すごいことが展開している。数日前の記事をクリップ。

市立59幼稚園全廃へ…大阪市(読売新聞)

 大阪市の橋下徹市長が市長選で公約した市立幼稚園(59園)民営化について、市は26日、園ごとに民間移管か廃園かを4月までに決めたうえで2015年度以降に実施し、20年度までに市立幼稚園を全廃する基本方針を示した。
 公立幼稚園の民営化は政令市では横浜、川崎、千葉市に続くもので、大阪市は年間25億円以上の削減効果を見込む。
 今後は教職員約420人の処遇などが課題となる。
 市役所で開かれた新年度予算に関する橋下市長と幹部との会議で、担当部局が明らかにした。
 基本方針では、周辺の私立幼稚園などで園児の受け入れができない場合、民間に移管して新たな私立幼稚園として存続させるが、受け入れ可能なら廃園にし、その判断は、市立幼稚園がある市内22区の区長が4月までに行う。移管先は公募で選び、園の土地は有償貸与(10年間は無償)、建物は有償譲渡する。
 ただ、一部の市立幼稚園は地元住民の寄付を受けて設立されており、住民の反発も予想される。
 橋下市長はこれまで、「民間でできることは民間で」と市立幼稚園・保育所の民営化を主張し、担当部局側も「私立に比べ、園児1人あたりの運営費が高い」として同調。市立保育所(125園)も13~14年度に13園で民間移管先を公募して民営化を進める計画案を示したが、「民間では対応しきれないセーフティーネットの役割がある」として、一部は市立のまま残す方針だ。

 汐見さんの議論を持ち出すまでもなく、幼児教育の充実は世界の趨勢であろう。教育の充実を公的に保障しようというかぎり、経済効率の問題ではない。それをあえて効率で切る橋下さんの行為はおどろくべきこと。
 しかも、小学校の統廃合は、297校のうち101校が対象になっていると聞く。
 教育の公的責任の、がむしゃなら後退。そらおそろしい事態がすすんでいるのだ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 丸刈りにされた女たち | トップページ | 2012高校教育シンポジウムin東京の第一日目の話(土曜日) »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/56675934

この記事へのトラックバック一覧です: 市立59幼稚園全廃へ…大阪市:

« 丸刈りにされた女たち | トップページ | 2012高校教育シンポジウムin東京の第一日目の話(土曜日) »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30