« キ・ボ・ウ ~全村避難 福島県飯舘村二年の記録~ | トップページ | 「建国記念の日」反対2013年2・11集会 »

2013/02/11

何者

333061 直木賞受賞作。読んでいて、ほんとうにつらくなる。ちょうど子どもたちの世代。その感じ方、息づかいが聞こえてくる感じがする。
 若い頃、自己認識をめぐる状況は過酷だ。それはボクの時代だってそうだった。だけど、時代の変容は、大きくその状況の過酷さをうきぼりにする。就活とSNSを舞台に。自分が、なりたい自分であることを求められる世代。なりたい何者か…。
 だけど、社会的な背景などは、視野のそのにある。孤立化の時代は、あくまでの個人の問題でしかない。そのことを問わないのだから、きっと自己責任にとらわれていく。そんなことも感じさせる。主人公の影があばかれたとき、つらくって涙が出る。
 何か答えはでたのか? ラストのラストは、どう読めばいいのだろう。ボクが若かった頃、はやった小説との距離は強烈。若者のいまを垣間見せてくれ、いろいろ考えさせられた。おじさんたちは読んだ方がいい。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« キ・ボ・ウ ~全村避難 福島県飯舘村二年の記録~ | トップページ | 「建国記念の日」反対2013年2・11集会 »

文化・芸術」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/56746881

この記事へのトラックバック一覧です: 何者:

« キ・ボ・ウ ~全村避難 福島県飯舘村二年の記録~ | トップページ | 「建国記念の日」反対2013年2・11集会 »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31