« 障害者支援4億円消えた 景気優先で冷遇 | トップページ | 「一番心強かったのは憲法9条」北沢・元防衛相 »

2013/02/21

除染110番 深刻な声 未払い要求したら暴力団風の男 労基署に言えば「いられなくなる」

 除染労働でのこの実態…。

除染110番 深刻な声 未払い要求したら暴力団風の男 労基署に言えば「いられなくなる」(しんぶん赤旗)

 「除染労働者110番」を続ける福島県労連労働相談センターには、20日までに合計30件を超える相談が寄せられています。なかには、実際の除染作業員を束ねる会社に暴力団がからみ、賃金のピンハネやただ働きをさせられているとの深刻な相談もありました。
 一つは、「除染労働に派遣として作業する知人から電話で訴えられた」との相談です。知人は、「賃金が4カ月払われていない。支払いを要求したら、暴力団風の男がきてすごまれた」といいます。「体を壊さないか心配だ。携帯電話も取り上げられた様子で連絡がつかない。助ける手だてはないか」
 もう一つは、「雇われた人材派遣会社から、実際に受け取っている賃金より高い賃金をもらっている、との念書をとられた。おかしいと言っていたら、やくざから脅しを受けた」との告発です。その男性は、作業員が自分から実態を告発するのは仕返しがあり、難しいと話します。
 除染労働者の多くは、社会保険や雇用保険もなく、道具代(長靴、手袋)やガソリン代も自前で、持ち出しになっていると指摘。「ヤクザのやる人材派遣会社があり、派遣という形の除染労働者の集め方はやめたほうがいい。国・環境省が直接雇用すべきだ」とも話しました。
 息子のことで心配して電話をかけてきた女性もいました。
 「合計40日以上働いたが、10万円もらっただけ。『労基署に言ったら』というと、息子は『ここにいられなくなる』と言っています。息子は、『除染中に家に帰ってこない日があれば、警察に知らせてくれ』といっていました」

 福一で働く被曝労働者たちの実態は、『エフワン』などで描かれている。それと重なるような実態がここにもある。歯止めのない危険な労働は、現在の経済の困難と不安定労働の急増を背景に、みごとに闇社会を形成している。福島につくられた「闇」。人間を大切にしない社会が、人間を切り捨てるような形で、このもっとも困難を抱えた地を食い物にしている。ほんとうに悲しい事実。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 障害者支援4億円消えた 景気優先で冷遇 | トップページ | 「一番心強かったのは憲法9条」北沢・元防衛相 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/56813509

この記事へのトラックバック一覧です: 除染110番 深刻な声 未払い要求したら暴力団風の男 労基署に言えば「いられなくなる」:

« 障害者支援4億円消えた 景気優先で冷遇 | トップページ | 「一番心強かったのは憲法9条」北沢・元防衛相 »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31