« 安倍内閣の支持率 64% | トップページ | オバマ大統領2期目の一般教書演説、経済・中間層に焦点 »

2013/02/13

進学校野球部の高2自殺、直前に監督叱責…岡山

 うーん。とっても嫌なニュース。

進学校野球部の高2自殺、直前に監督叱責…岡山(読売新聞)

 岡山県立岡山操山高校(岡山市中区)の野球部マネジャーだった2年男子生徒(当時16歳)が昨年7月に自殺していたことが、13日わかった。生徒は監督を務めていた男性教諭(36)から厳しく叱責を受けていたといい、県教委は「行き過ぎと言われても仕方のない指導や発言はあったが、指導と自殺の因果関係は分からない」としている。
 県教委によると、野球部の選手として活動していた生徒は、昨年6月に退部。7月23日にマネジャーとして復帰したが、3日後の同26日朝、岡山市内で自殺しているのが見つかった。亡くなったのは前日とみられ、遺書はなく、携帯電話のメールも消えていたという。
 県教委は生徒の両親の要望を受け、昨年10~11月に部員全員(24人)の聞き取り調査を実施した。
 その結果、生徒は退部前、他の部員に「監督に怒られるのが嫌で、辞めたい」と漏らしていたことが判明。復帰した日も監督からミーティングで「マネジャーなら黒板くらい書け」と叱られたほか、自殺直前の7月25日の練習中には「声を出せ」と注意され、練習後も一人呼び出され指導を受けていたことがわかった。生徒はその日の帰宅途中、他の部員に「俺はマネジャーじゃない。ただ存在するだけ」と話したという。
 また、監督は練習中に別の部員に対して「殺す」などの言葉を使ったり、パイプ椅子を振りかざしたりしていたという。県教委に対し、監督は「気合を入れるためで厳しい指導や叱責は指導の一環だ」と説明。11月中旬に監督を退いた。……

 しかしなあ。人権をふみにじるという点では、体罰と同じ地平にある問題。ほんとうに、直接の暴力とともに、こういう威圧というものが学校のなかにはあふれている。権力関係に擬していいほどの、圧倒的な力の差による抑圧関係が存在しているのだ。もちろん、それは社会がそうと言ってしまえばそうなのだけれども、子どもの権利の城でありたいよなあ、ほんとうは。どこで、子どもの権利を定着させていくのか。うーん。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 安倍内閣の支持率 64% | トップページ | オバマ大統領2期目の一般教書演説、経済・中間層に焦点 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/56758294

この記事へのトラックバック一覧です: 進学校野球部の高2自殺、直前に監督叱責…岡山:

« 安倍内閣の支持率 64% | トップページ | オバマ大統領2期目の一般教書演説、経済・中間層に焦点 »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31