« AKB峯岸、丸刈り頭で騒動謝罪 研究生に降格 | トップページ | 敦賀原発活断層報告書案を漏えい 原子力規制庁審議官、更迭 »

2013/02/01

大津・中2男子 いじめ 自殺の原因 第三者委最終報告

 いじめの報告が出た。

大津・中2男子 いじめ 自殺の原因 第三者委最終報告(東京新聞)

 二〇一一年十月、大津市皇子山(おうじやま)中二年の男子生徒=当時(13)=が飛び降り自殺した問題で、市の第三者調査委員会は三十一日、自殺の直接の原因はいじめだったとする調査報告書を越直美市長に提出した。市教委はこれまで「いじめと自殺の因果関係は判断できない。家庭にも問題がある」としていたが、報告書は「家庭の問題は自死の要因とは認められない」と断言、市教委の主張を否定した。
 報告書では自殺の約一カ月前から、同級生二人=ともに(15)=から計十九件のいじめを受けたと認定。同級生らがハチの死骸を食べさせようとしたり、教室の窓辺で自殺の練習を迫ったり、自宅の勉強部屋を荒らしたことなどで、文部科学省が定義するいじめの要件にすべて該当すると指摘。男子生徒は、自殺で「暗いいじめのトンネルを抜けようとした」と結論づけた。
 教員間の連絡体制にも問題があったと指摘。担任がいじめを認識できる状況にあったのに「発見を見逃し、遅らせ、自死を防げない結果となった」と過失を認定、学校と市教委に、再発防止に努めるように求めた。
 二人と一緒にいじめに加わっていたと遺族が主張し、滋賀県警が昨年十二月に書類送検した別の同級生(15)については、加害者との認定はしなかった。
 越市長は会見で「学校、教委で隠蔽(いんぺい)とされる行為や責任転嫁があったことをおわびする」と謝罪。今後、国や県に報告書を提出し、いじめ対策の充実を求める。いじめ調査をする常設の第三者機関の設置も検討する。
 市教委の松田哲男・教育長代理は「内容を真摯(しんし)に受け止めたい。いじめが自殺の一つの要因だと思っているがもう少し内部で検討を進めたい」と話した。
 自殺した生徒の父親(47)は会見で「息子は学校に見殺しにされた。いじめに不安を抱える子がいない学校にしていくための報告書になれば」と述べた。

 提言部分は、すでに公開されている。
 と、同時に、それ以外の部分も、克明な調査報告になっている。とても1日で読めるような内容ではない。どこまで解明されたのかの判断は、ボクにはできないけれども、だけど、この事件を風化させないために、一つの命が奪われたことを繰り返さないために、いろんなことに配慮しながらも、可能な限り公開され、多くの人が読み、議論されるべきなのだと、おう思う。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« AKB峯岸、丸刈り頭で騒動謝罪 研究生に降格 | トップページ | 敦賀原発活断層報告書案を漏えい 原子力規制庁審議官、更迭 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/56675534

この記事へのトラックバック一覧です: 大津・中2男子 いじめ 自殺の原因 第三者委最終報告:

« AKB峯岸、丸刈り頭で騒動謝罪 研究生に降格 | トップページ | 敦賀原発活断層報告書案を漏えい 原子力規制庁審議官、更迭 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31