« RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 | トップページ | 戦後教育の記録8万点 読谷村へ »

2013/02/04

F35部品輸出容認へ 武器三原則の例外に

 ニュースをクリップ。

F35部品輸出容認へ 武器三原則の例外に(東京新聞)

 政府は四日、航空自衛隊の次期主力戦闘機となる最新鋭ステルス機F35に関し、日本企業が部品製造に参加した場合、国際紛争の助長回避を目的とした武器輸出三原則の例外として認める方針を固めた。近く官房長官談話を発表する方向だ。米国などが共同開発中のF35の導入予定国には、周辺国との軍事的緊張が続くイスラエルが含まれ、国際紛争を助長する恐れがあるとの懸念が出ている。
 官房長官談話は、F35への製造参加が日本の安全保障に資するとした上で、第三国への輸出については米国と連携して「厳格に管理する」ことを前提に、三原則には抵触しないとの見解を示すとみられる。
 政府は二〇一二年、四機のF35を一六年度までに取得する契約を米政府と交わした。最終的に四十二機を調達する計画だ。日本は共同開発に加わっていないが、防衛産業を育成する観点から、国内での一部部品の製造に向けて米国と協議している。
 ただ日本製部品を使用したF35が紛争当事国に売却される可能性があるとの懸念が浮上。政府は与党の意見も踏まえ外務、防衛、経済産業の関係各省を中心に三原則との関係を調整している。

 いまの日米同盟は、中国という大きなプレーヤーの存在と、オバマ政権のもとで、なかなか複雑だ。たとえば、この武器輸出三原則も、震源地はどこなんだろう。アメリカではどんな力関係が働いているのか。日本では、どんな政治的な動きがあるのか??

 いずれにしろ、大きく日米同盟は変貌していることは事実。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 | トップページ | 戦後教育の記録8万点 読谷村へ »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/56699317

この記事へのトラックバック一覧です: F35部品輸出容認へ 武器三原則の例外に:

« RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 | トップページ | 戦後教育の記録8万点 読谷村へ »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31