« 「体罰全否定して教育はできない」伊吹衆院議長 | トップページ | 東電、調査妨害でウソ上塗り 「真っ暗」自ら切り出す »

2013/02/09

甲状腺検査:「県外避難者、後回し」 秘密会で方針

 なぜ、こんなことになってしまうのだろうか?

甲状腺検査:「県外避難者、後回し」 秘密会で方針(毎日新聞)

 東京電力福島第1原発事故を受け福島県が実施している子供向けの甲状腺検査を巡り、県民健康管理調査の検討委員会が、県外避難者について検査の早期実施を表明しながら、準備会(秘密会)では「県外を遅らせる」との考えが示されていたことが分かった。実際に県外検査は県内の約1年後に始まった。県外検査を遅らせる意図は不明だが、専門家は「早く検査すべきなのに、このような対応では県の信頼を失う」と指摘している。
◇公開の場では「早期に」
 毎日新聞の情報公開請求で開示された準備会議事録で判明した。甲状腺検査は健康管理調査の一環として福島県が県立医大に委託して実施。県内では同大付属病院(福島市)で11年10月に始まり、翌月以降、県内各地の公民館などでも実施されている。
 議事録によると、福島市内で開かれた非公開の第4回準備会(11年10月17日)で、県外医療機関での検査体制の整備が議題になった。検査責任者の鈴木真一・県立医大教授が「甲状腺の専門家が少ない。県外(で検査をする医療機関の)認定を遅らせて、県内体制を作っていきたい」との考えを示した。
 一方、同じ日にあった公開の第4回検討委で、鈴木教授は「広く県外に避難している人にも甲状腺検査を行えるよう検査体制を整える」と表明していた。
 また、12年1月25日の非公開の第5回準備会では、検討委座長の山下俊一・県立医大副学長が「県外の体制整備のメッセージを出すのも重要」と発言。同日開かれた検討委で鈴木教授が「(県外の医療機関)113カ所をリストアップした。1月に内諾をいただけるよう進めており検査実施は4月以降になる」との見通しを示した。
 同年3月13日の県議会特別委員会では県の佐々恵一・健康管理調査室長が「5月に(甲状腺検査の)受診が開始できるよう最終調整している」と説明。4月26日の第6回検討委後の記者会見で鈴木教授も「(県外の医療機関を)5月連休明けに公開したい」との方針を明らかにした。
 だが、毎日新聞が複数の県外医療機関に問い合わせたところ、県立医大から協力の依頼文が届いたのは同年3月下旬〜6月上旬。県立医大から検査実施に関する協定書が届いたのは8月下旬になってからだった。
 結局、県は同年9月5日に県外で検査を受けられる71カ所の医療機関をようやく公表。検査開始は同年11月にずれ込んだ。

 理由はよくわからない。だけど、一刻も早い検査が必要ならば、さまざまな医療機関に協力を求めて実現することは、こんな問題だけに不可能なのだろうか? いくら専門医が少ないと言っても…。
 どうも命だとか、人権とか、そういうところからものごとが組み立てられていくのではなく、都合からすすめられていく。どうにかしている。それが、このことだけではなく、震災・原発事故の対応では、あまりにも目立っている。そのことに、政治はまったく鈍感だとしか思えない。同時に、ボクら、それを監視する側ももっと勉強して、敏感にならなければと自問する。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 「体罰全否定して教育はできない」伊吹衆院議長 | トップページ | 東電、調査妨害でウソ上塗り 「真っ暗」自ら切り出す »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/56731864

この記事へのトラックバック一覧です: 甲状腺検査:「県外避難者、後回し」 秘密会で方針:

« 「体罰全否定して教育はできない」伊吹衆院議長 | トップページ | 東電、調査妨害でウソ上塗り 「真っ暗」自ら切り出す »

無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30