« 「一番心強かったのは憲法9条」北沢・元防衛相 | トップページ | 韓日 一時は慰安婦問題で“合意寸前” »

2013/02/22

杉並区認可保育所:不可1500人 母親ら異議申し立て

 テレビに映し出される、若いお母さんたちの思いに圧倒される。

杉並区認可保育所:不可1500人 母親ら異議申し立て(毎日新聞)

 東京都杉並区で、4月から子どもを認可保育所に預けようと申し込みながら1次選考で「入所できない」と通知された住民が約1500人に上り、母親たちは22日、区に行政不服審査法に基づく異議申し立てを行った。田中良区長は申し立て直前、2次選考の受け入れ枠を40人から100人に増やすなどの緊急対応を表明したが、母親たちは「認可保育所の数が増えなければ、詰め込み型の保育になる」と懸念している。【水戸健一】
 杉並区によると、4月の認可保育所(区立と私立で計63カ所)の入所は1135人の募集に対し、2.6倍の2968人が申し込んだ。このうち1次選考で入所が内定したのは1191人で、今月14日に通知された。
 母親たちは入所が認められなかった計60件のケースについて「施設の整備が不十分で、保育を受ける子どもの権利が侵害されている」と異議を申し立てた。区内には認可外の保育所(認可外施設)もあるが、異議申し立てを取りまとめた「保育園ふやし隊@杉並」の曽山恵理子さん(36)は「施設や人員の配置がしっかりとした認可保育所に預け、安心して働きたいと考える母親が多い」と話す。
 認可保育所は国が施設の広さや保育士などの職員数の基準を定め、保護者に人気が高い。杉並区内の申込者も08年度は1386人だったが、13年度は2968人になった。区は0〜5歳児の人口の増加に対応するため独自の保育室を設置し、認可外施設も誘致。08年度に5559人だった保育定員を13年度に7110人まで増やした。出保裕次保育課長は「認可外も質で認可に劣らないということがなかなか理解されない」と戸惑いを隠せない。
 22日に記者会見した田中区長は2次選考の受け入れ定員を増加させるほか、14年1月までに3カ所の認可保育所を開設する▽都が新たに打ち出した小規模保育施設の活用で100人の定員増を図る−−などと表明した。
 しかし曽山さんは「現時点で認可保育所の数が増えず、受け入れの数だけが増えると詰め込み型の保育になってしまう。母親たちが求めているものと違う」と強調した。区は今後、異議申し立て内容を審理した上で、対応を決める。

 まずは緊急に定員を拡大する措置をとった。これも声が政治を動き出した。だけど、決定的に保育所が足りない。それも、安全で子どもの成長が保障される場所として。
 だけど、小学校が足りないという話はない。足りなければ計画的につくられる。同じように、改正された児童福祉法でも、市町村は「必要な保育を確保するための措置を講じなければならない」としている。ならば、なぜ、その責任を自治体がはたさないのか?

 思いがあふれるたたかいである。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 「一番心強かったのは憲法9条」北沢・元防衛相 | トップページ | 韓日 一時は慰安婦問題で“合意寸前” »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

若者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/56820139

この記事へのトラックバック一覧です: 杉並区認可保育所:不可1500人 母親ら異議申し立て:

« 「一番心強かったのは憲法9条」北沢・元防衛相 | トップページ | 韓日 一時は慰安婦問題で“合意寸前” »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30