« 安倍首相:「強い経済取り戻す」 所信表明演説 | トップページ | 歴史教科書「アジア配慮」修正も 検定基準で文科省 »

2013/01/28

生活保護の「今」を学ぶ-子どもの貧困と生活保護制度

U8yhu 印刷工場での作業を終え、よるは「なくそう!子どもの貧困」全国ネットワークの「子どもの貧困」を考える連続セミナーに参加。今日のテーマは生活保護。講師は、池谷秀登さん。彼が板橋でケースワーカーをしていたころに何度かお話を聞いたことがある。厚生労働省が2005年ごろに、自立を経済自立、生活自立、社会自立に定義し、その支援を自立支援プログラムという形で打ち出したのをうけ、生活保護利用者のそういう自立のために、さまざまな実践をされていた方だ。板橋と釧路のそのとりくみは、何度か聞いたことがある。そういう生活保護が、豊かな展開の歩みをすすみはじめる可能性をみせていたものが、いま根底から崩されようとしているだけに、今日の話も熱のこもったものだった。資料がいっぱいで話もわかりやすく、生活保護数だけでなく、貧困にどう向き合うのかなど、いろんなことを再確認できて勉強になった。ほんとうに、今の生活保護の動きは、基準引き下げ先にありきに政治的なもので、まさに憲法25条そのものを敵視したものになっている。
 続いて、湯澤さんが、生活保護や貧困の統計にある世帯というものの定義の問題について話された。いまの統計からは見えないことが多い。以前、相方がとりくんで作業でも、結局、障害ある子どもがいる世帯の状況は数字ではでてこない。そういうからくりがあるのだ。研究機関や研究者のじみちな調査が、この分野では決定的に重要になるということか。
 生活保護問題対策全国会議のたたかいの動向、そして、当事者の子どもたちの発言の紹介なども勉強になるものだった。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 安倍首相:「強い経済取り戻す」 所信表明演説 | トップページ | 歴史教科書「アジア配慮」修正も 検定基準で文科省 »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/56648734

この記事へのトラックバック一覧です: 生活保護の「今」を学ぶ-子どもの貧困と生活保護制度:

« 安倍首相:「強い経済取り戻す」 所信表明演説 | トップページ | 歴史教科書「アジア配慮」修正も 検定基準で文科省 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31