« 金曜官邸前抗議 デモの声が政治を変える | トップページ | 正月のしんどさ? »

2013/01/02

人口自然減、過去最大の21万人 12年の人口動態、厚労省推計

 昨日は、義父を京都の義姉夫妻のところに届け、そこで宴会。赤ちゃんは可愛い。京都市内の修学旅行用の宿で一泊。今日はそこから奈良へ、お昼に、母と姉とボクの夫婦・子で宴会。もう、実家は帰省を受け入れるのがしんどいということで、とまらずにそのまま東京に戻る。子どもらは数年ぶりの実家。だけど奈良は自分が育ったところではないし、埼玉の自分の家がいちばん落ち着くようになっている。何でも良いけど、子どもらはまだお年玉をもらっとる。

 さて、年明けのニュースをクリップしておく。

人口自然減、過去最大の21万人 12年の人口動態、厚労省推計(共同通信)

 厚生労働省は31日、12年の人口動態統計の年間推計を発表した。1年間に生まれた赤ちゃんは103万3千人、死亡数から出生数を引いた「自然減」は21万2千人で、減少幅は過去最大になると見込んでいる。
 日本の人口が自然増から自然減に転じたのは05年。06年は自然増となったが、07年以降は毎年、死亡数が出生数を上回っている。11年の減少幅は20万2260人で初めて20万人を超えたが、12年はこれを上回る。
 国立社会保障・人口問題研究所の将来推計では60年には人口が8674万人になるとされ、厚労省は「高齢化に伴い、減少ペースは一段と加速していくだろう」とみている。

 これがそのデータ。
 だけど、少子化がさけばれても、抜本的な子育て支援も、もっとも経済的にしんどい思いをしている、子育て層への生活支援も、政策的にはほとんど前進していないというもは事実。なかなかしんどい政治の現状は続いている。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 金曜官邸前抗議 デモの声が政治を変える | トップページ | 正月のしんどさ? »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/56455958

この記事へのトラックバック一覧です: 人口自然減、過去最大の21万人 12年の人口動態、厚労省推計:

« 金曜官邸前抗議 デモの声が政治を変える | トップページ | 正月のしんどさ? »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31