« 難病助成の拡大、先送りへ 厚労省、法案提出は秋以降 | トップページ | 全学年35人学級、断念 文科省、自民意向受け白紙に »

2013/01/25

体罰問題の本質にせまる議論をしてほしい

 入試問題に傾斜してしまって、自殺事件の背景にある体罰の問題について、なかなか議論が深まっているようには思えない。

 いろいろ調べてみると、おもしろデータなどもある。たとえば体罰の体験者には、競技によって差があるということ。体罰が多いのは、バレーボールやハンドボール、野球など。これに対して、陸上や水泳、サッカーなどは少ない。集団競技と個人競技との差もあるだろうけれども、直感的に感じるのは、指導理論、コーチ理論が確立しているかどうか。そういう文化がどこまであるのかどうか。

 それはそうだけど、だけど、ことは単純ではない。それでも、サッカーのようにプレイヤーズファーストの理念がうたわれているところでも、体罰は存在する。日本の軍隊でうまれたものが、学校教育を通じて、戦後の学校体育と少年スポーツにもちこまれていく。

 と同時に、この間の勝利至上主義が微妙にからむ。ヨーロッパのように、ジュニアやユースの時代に過度な競争を排し、育てるという文化がない。
 今日の、朝日のオピニオン欄に、ジャーナリストの方だと思うけれども、コーチの親や子どもに対する絶対的関係という問題の指摘もまた、特別の問題だ。とくに有力な高校部活の場合は、大学の推薦なども含め、コーチがその子の進路を左右する圧倒的な権限をもつことになる。絶対服従の世界になってしまう。場合によっては、ここに金銭もからむことになる。

 いったい、事件の背景に何があったのか?まだまだ明らかになっていないことが多い。
 真相が解明され、そして、問題の本質が議論されるのを願うのだけど。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 難病助成の拡大、先送りへ 厚労省、法案提出は秋以降 | トップページ | 全学年35人学級、断念 文科省、自民意向受け白紙に »

スポーツ」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/56627000

この記事へのトラックバック一覧です: 体罰問題の本質にせまる議論をしてほしい:

« 難病助成の拡大、先送りへ 厚労省、法案提出は秋以降 | トップページ | 全学年35人学級、断念 文科省、自民意向受け白紙に »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31