« NO OSPREY東京集会 | トップページ | 命のあしあと »

2013/01/27

橋下さんの体罰対策とは

 今日の朝の報道ステーションに、橋下さんが出てきて、体罰について語っていた。
 たしかに、橋下さんの言うとおり、いま体罰に対して、断固たる対応が必要だ。

 だけど、橋下さんの語るのは、ただ仕組みを変える。教育委員会のあり方を変える。そのためにまず入試を中止する。それだけだ、いわばショック療法だ。

 いま体罰が問題なのは、ただそれが暴力だからではない。もちろん、暴力は許されない。
 だけど、体罰が問題なのは、それが、教育現場にもちこまれ、暴力による威圧により、きわめて歪んだ教師と生徒、父母の関係がつくられ、それが子どもの成長に深刻な否定的な影響をあたえるからだ。そしてそれが自殺という悲劇を生んだのだ。
 子どもが、安心した大人との関係のなかで成長できる。そんな場を再建しなければならないのではないのか。
 だからこそ、「体罰」とは何かについて、もっと議論し、認識を深めなければならない。そして、ほんとうに子どもは育つ場をどうつくればいいのかを考えなければならない。
 そんな議論が、真剣になされないえれば、あたらしい一歩ははじまらない。

 そんな機会にしなければならない。
 そんなことを感じた番組だった。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« NO OSPREY東京集会 | トップページ | 命のあしあと »

政治」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/56641283

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下さんの体罰対策とは:

« NO OSPREY東京集会 | トップページ | 命のあしあと »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31