« 安倍内閣支持率66.9%、JNN調査 | トップページ | 女性暴行8割逮捕せず 米兵凶悪犯罪 »

2013/01/15

八月の鯨

 希にみる名画の1つ何だと思う。岩波ホールでの試写会。

Middle_1176129515 サラ(リリアン・ギッシュ)とリビー(ベティ・デイヴィース)の姉妹は60年来、夏ごとにメイン川の小さな島にあるサラの別荘にやって来る。そこの入江には8月になると鯨が来る。少女の頃、彼女たちはよく鯨を見に駆けていったものだった。しかし、それも遠い昔のことになった。リビーは、第1次世界大戦でサラの若い夫が死んだ時、彼女の面倒をみた。しかしリビーは病のため目が不自由になり、今度はサラが2人の人生の責任を持つようになる。リビーはわがままになり、言葉にとげを持つようになっていた。他人に依存しなければ生きてゆけない自分に腹を立てていた。彼女たちの家には、幼馴染みのティシャ(アン・サザーン)や修理工のヨシュア(ハリー・ケイリー・ジュニア)、近くに住むロシア移民のマラノフ氏(ヴィンセント・プライス)らが訪ねてくるがリビーは無関心を装う。ある日、サラはマラノフ氏を夕食に招待した。リビーとのいさかいで、料理はちょっと失敗だったが、お互いの昔話に2人は時がたつのを忘れた。だがマラノフ氏は、リビーのとげのある言葉に傷ついて腰をあげる。サラは姉のことを詫び、「貴方は1人かも知れないけれど、自由でうらやましいわ」と言うと、貴方はロマンチストだと笑って、マラノフ氏は帰っていった。リビーは何よりもサラが去って一人ぼっちになることを恐れていたのだ。やがて彼女はヨシュアが勧めていた、大きな窓を別荘の居間の壁に取り付けることを認めることで自分の思いをサラに届けようとした。そして再び鯨を見ることを夢見ながらの彼女たちの暮らしは続いていった…。

 リリアン・ギッシュはすでに90歳を超えていた。静かだけど、だけどすごい映画だ。老いというものを静かに、温かく、しかも自然に、豊かに正面からみつめる。何も言葉がいらない。2月16日(土)~岩波ホールで公開。ぜひ、一見を。

 この映画はすでに25年以上前の映画。いまの老いは、より不安定で、孤独なのかもしれない。今から見れば、ある意味で、夢のような映像でもある。そんなことも考えながら見ていたのも事実。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 安倍内閣支持率66.9%、JNN調査 | トップページ | 女性暴行8割逮捕せず 米兵凶悪犯罪 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/56549465

この記事へのトラックバック一覧です: 八月の鯨:

« 安倍内閣支持率66.9%、JNN調査 | トップページ | 女性暴行8割逮捕せず 米兵凶悪犯罪 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31