« 仮設暮らし一層厳しく 仙台の入居世帯、不安くっきり | トップページ | 経団連「ベア実施 余地なし」 定昇、延期・凍結に言及 »

2013/01/21

麻生氏「さっさと死ねるように」 終末医療で発言、その後撤回

 この人、やっぱり、口がすべっちゃうんだよなあ。

麻生氏「さっさと死ねるように」 終末医療で発言、その後撤回(共同通信)

 麻生太郎副総理は21日午前の社会保障制度改革国民会議で、高齢者などの終末期医療に関し「いいかげん死にたいと思っても『生きられますから』なんて生かされたんじゃかなわない。しかも政府の金で(高額医療を)やってもらっていると思うと寝覚めが悪い。さっさと死ねるようにしてもらわないと」と述べた。
 発言について、麻生氏は午後「公の場で発言したことは適当でない面もあったと考える。当該部分については撤回する」とのコメントを発表。「一般論ではなく、個人的なことを言った。終末医療のあるべき姿について意見したのではない」と記者団に釈明した。

 午前中の国民会議での発言は、こうだ。患者を「チューブの人間」と表現し、「私は遺書を書いて『そういうことはしてもらう必要はない、さっさと死ぬんだから』と渡してあるが、そういうことができないと、なかなか死ねない」。「(私は)死にたい時に死なせてもらわないと困る」「しかも(医療費負担を)政府のお金でやってもらうというのは、ますます寝覚めが悪い。さっさと死ねるようにしてもらわないと、総合的なことを考えないと、この種の話は解決がないと思う」と。人としての尊厳をふみにじるような発言。これだけで政治家として失格だ。
 しかも、午後の発言には、反省がない。「私個人の人生観を述べたもの」とはっきり言っている。こんな人生観をもった人が、一国の副総理にふさわしいのか?
 愕然とするというか、もう恥ずかしいというか、この国はいったいどうなるのか、というか。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 仮設暮らし一層厳しく 仙台の入居世帯、不安くっきり | トップページ | 経団連「ベア実施 余地なし」 定昇、延期・凍結に言及 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/56595482

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生氏「さっさと死ねるように」 終末医療で発言、その後撤回:

« 仮設暮らし一層厳しく 仙台の入居世帯、不安くっきり | トップページ | 経団連「ベア実施 余地なし」 定昇、延期・凍結に言及 »

無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30