« 「現場の感度 まだまだ」 相次ぐいじめ・体罰 麻生区の遺族に聞く | トップページ | ギャルママ、つながる。 »

2013/01/19

経団連の「政治改革」提言

 もう4日ほど前だけど、経団連が「国益・国民本位の質の高い政治の実現に向けて」と題した、「政治改革」提言を発表した。実物はこれ。

 ざっと、読んでみると。反省もなく、自らすすめた小選挙区制の弊害については、さらっと語っている。だけど、彼らにとって問題なのは、いわば「決められない政治」「安定しない政治」。だけど、自分たちの主張が、有権者の願いと乖離しているのは、妙に自覚している。だから、一向に民主的な改革方向などでてくるはずもないということか。

 定数削減や参議院の廃止も視野にいれ、衆院の再議決のハードルを下げることや通年議会や、そして政党の管理や。
 政党評価(通信簿)も再開するようだ。
 財界の政治支配の強化をふたたびということなのだろう。

 さて、安倍さんはどうこたえるというのか。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 「現場の感度 まだまだ」 相次ぐいじめ・体罰 麻生区の遺族に聞く | トップページ | ギャルママ、つながる。 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/56580079

この記事へのトラックバック一覧です: 経団連の「政治改革」提言:

« 「現場の感度 まだまだ」 相次ぐいじめ・体罰 麻生区の遺族に聞く | トップページ | ギャルママ、つながる。 »

無料ブログはココログ
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31