« [政党ウオッチ]衆院選、自公3百議席うかがう 政権奪還も、民主激減 | トップページ | 大賞に「ルポ イチエフ」 福島第一原発の作業員に迫る »

2012/12/06

不屈の弁護士にして都知事選候補者・宇都宮健児氏が語る「コワい人との交渉術」

 『SPA!』が宇都宮さんのことをとりあげている。

不屈の弁護士にして都知事選候補者・宇都宮健児氏が語る「コワい人との交渉術」(日刊SPA!)

 12月16日、衆院選と同日に行われる東京都知事選。「石原都政を引き継ぐ」という猪瀬直樹副知事とは全く対極に、「脱原発」「反貧困」を掲げて出馬している候補が宇都宮健児弁護士。一般には知名度がそこまでないが、都知事選で猪瀬氏の最大の対抗馬と目されている。
 貧しい幼少時代から勉学に打ち込み東大合格。在学中に、体重が8kg減るほどの猛勉強の末、司法試験に一発合格して弁護士になった。
 現在は、多重債務問題などの最前線で活躍する宇都宮弁護士。
 当然のことながら、ヤクザやヤミ金からの脅迫も少なくないのだが、彼はどんな脅迫だろうが動じない。その現場に居合わせた本誌記者Mはこう語る。
 「宇都宮弁護士に取材中、脅迫のような、ただ事ではない電話がかかってきました。それがちょうど、僕が先日拉致られたヤミ金の大親玉からの電話だったのです。『大丈夫なんですか』と聞くと、『ヤミ金やヤクザでも、上層部の人間はわりと話が通じますよ。あちらにもそれなりの理はありますから、要は法律を盾にじっくり話をすることです。でも、若いヤツや下っ端のチンピラのほうは要注意。後先考えずに行動に出ますから。あと怖いのは、新興宗教やカルト教団です』とさらっと答えました」
 本誌記者Mは、宇都宮氏からヤクザ、ヤミ金への対処の仕方を教わった。その基本は「相手の立場を尊重すること。決して下には見ないこと」だった。…

 こういうことも、たくさんの人に知らせたいものだなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« [政党ウオッチ]衆院選、自公3百議席うかがう 政権奪還も、民主激減 | トップページ | 大賞に「ルポ イチエフ」 福島第一原発の作業員に迫る »

政治」カテゴリの記事

コメント

ヤミ金やヤクザ組織に限らず、怖いとされる新興宗教やカルト教団についても、企業においても共通するのは、後先考えずに行動に出てくる若いやつや下っ端のチンピラというのは、使いものにならない間抜け社員でしかないというのが、一つの真実と言えるのでは無いでしょうか。
こうした間抜け社員というのは、結局のところは組織にしがみつかなければ、生きて行くことが出来ないのだし、こんな連中なら、日本から他国に放り出してしまえば、いざとなれば特攻隊代わりに自爆テロでもやらされれば、どうぞご勝手に、ということで幾らでも勝手にやって、勝手に死んで、後はそのまま見捨てられて、周りからは、そっと静かに腹の底で嘲笑われ、白い目で見られても何らおかしくはございませんよね。
逆に、アメリカにでも行って、極めて良心的な中堅企業や中小企業等で、地道に修行を重ねて、企業家精神というものを学んでまともな人材となる機会を与えてあげれば、それこそ日本の中小企業等で活躍することが出来る様になれば、それこそ日本の国益にもなると同時にアメリカの国益にもなることにつながりますよね。
中国にでも放り出せば、何処かであった間抜け話ではございませんが、幾らでも騙されたふりをされて、揺さぶられるだけのことでしか無いし、どうせなら、チベットをはじめ地方の農村部等にでも行って、そこでひっそりと暮らしてもらえるのなら、それで大いに結構なことなのかも知れませんし、その方が、遥に中国にとっての国益にもなるし、日本の国益にもなるのでは無いでしょうか。

いずれにせよ、こうしたヤミ金やヤクザに限らず、企業等の組織的な犯罪や、製品トラブル等の様な場合でも、「手にした権力は手段と方法を選んで使うべき」ということも、何処かの歴史ドラマで聞いたことがありますが、日本においても変わり無いし、世界的に見ても、全人類共通して言えるところもありますよね。
これを言い換えれば、「手にした権利は手段と方法を選んで行使すべき」というように置き換えれば、ただ自分の利益ばかりでなく、相手側の利益にも配慮した上で、正しく行使する必要があるし、これをわきまえずに、好き勝手に行使する様な連中なんかに対しては、もう一切相手にする必要なんかどこにも無いし、それこそ風評被害だの社会を混乱させるようなことを仕出かさなければ、何処か人目のつかないところで、大人しく暮らして頂ければそれで良いだけのことですよね。
だが、これを勘違いしてくる様な強欲な富裕層や大企業をはじめ権力者に対しては、幾らでも譲歩し損することになっても構わないし、それで大損することになっても、ただひたすら泣き寝入りすれば良いのだし、それで自らが、ひっそりと身を縮め、喜んで没落して目立たにようにひっそりと暮らしてもらえれば良いだけのことですよね。
この結果、貧富の格差が縮小し、誰もが損することもなく、誰もが得することだけをすることで、日本経済を共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らすことが出来るだけの市民社会というものに変えて行くことで、その象徴として天皇陛下が君臨する社会福祉国家へと、日本が生まれ変わることが出来れば、これだけを大いに誇りとすれば良いのだし、これが国境を乗り越えて行くことで、全人類が一つの絆となって、世界経済を共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らして参りましょう、というメッセージとして発信して行くことができれば、究極的には、日本社会というものは、こうした地球市民社会の中に、天皇陛下と共に、ひっそりと埋没させて行くことになるしか無いのだし、これを嫌がり、物凄い抵抗を繰り返すことしか出来ない、自己犠牲を強要する全体主義と分極化した利己主義だけの運命共同体にしがみつき乗り越えることの出来ない哀れな間抜け連中については、それこそ損得無しの状態で割り切って、何処か人目のつかないところで、そっと静かに幸せに暮らして頂く事が出来れば、それ以上のことは何もせずに、そっと静かに見守ってあげるようにすれば良いだけのことでは無いでしょうか。

ヤミ金やヤクザ組織に限らず、怖いとされる新興宗教やカルト教団についても、企業においても共通するのは、後先考えずに行動に出てくる若いやつや下っ端のチンピラというのは、使いものにならない間抜け社員でしかないというのが、一つの真実と言えるのでは無いでしょうか。
こうした間抜け社員というのは、結局のところは組織にしがみつかなければ、生きて行くことが出来ないのだし、こんな連中なら、日本から他国に放り出してしまえば、いざとなれば特攻隊代わりに自爆テロでもやらされれば、どうぞご勝手に、ということで幾らでも勝手にやって、勝手に死んで、後はそのまま見捨てられて、周りからは、そっと静かに腹の底で嘲笑われ、白い目で見られても何らおかしくはございませんよね。
逆に、アメリカにでも行って、極めて良心的な中堅企業や中小企業等で、地道に修行を重ねて、企業家精神というものを学んでまともな人材となる機会を与えてあげれば、それこそ日本の中小企業等で活躍することが出来る様になれば、それこそ日本の国益にもなると同時にアメリカの国益にもなることにつながりますよね。
中国にでも放り出せば、何処かであった間抜け話ではございませんが、幾らでも騙されたふりをされて、揺さぶられるだけのことでしか無いし、どうせなら、チベットをはじめ地方の農村部等にでも行って、そこでひっそりと暮らしてもらえるのなら、それで大いに結構なことなのかも知れませんし、その方が、遥に中国にとっての国益にもなるし、日本の国益にもなるのでは無いでしょうか。

いずれにせよ、こうしたヤミ金やヤクザに限らず、企業等の組織的な犯罪や、製品トラブル等の様な場合でも、「手にした権力は手段と方法を選んで使うべき」ということも、何処かの歴史ドラマで聞いたことがありますが、日本においても変わり無いし、世界的に見ても、全人類共通して言えるところもありますよね。
これを言い換えれば、「手にした権利は手段と方法を選んで行使すべき」というように置き換えれば、ただ自分の利益ばかりでなく、相手側の利益にも配慮した上で、正しく行使する必要があるし、これをわきまえずに、好き勝手に行使する様な連中なんかに対しては、もう一切相手にする必要なんかどこにも無いし、それこそ風評被害だの社会を混乱させるようなことを仕出かさなければ、何処か人目のつかないところで、大人しく暮らして頂ければそれで良いだけのことですよね。
だが、これを勘違いしてくる様な強欲な富裕層や大企業をはじめ権力者に対しては、幾らでも譲歩し損することになっても構わないし、それで大損することになっても、ただひたすら泣き寝入りすれば良いのだし、それで自らが、ひっそりと身を縮め、喜んで没落して目立たにようにひっそりと暮らしてもらえれば良いだけのことですよね。
この結果、貧富の格差が縮小し、誰もが損することもなく、誰もが得することだけをすることで、日本経済を共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らすことが出来るだけの市民社会というものに変えて行くことで、その象徴として天皇陛下が君臨する社会福祉国家へと、日本が生まれ変わることが出来れば、これだけを大いに誇りとすれば良いのだし、これが国境を乗り越えて行くことで、全人類が一つの絆となって、世界経済を共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らして参りましょう、というメッセージとして発信して行くことができれば、究極的には、日本社会というものは、こうした地球市民社会の中に、天皇陛下と共に、ひっそりと埋没させて行くことになるしか無いのだし、これを嫌がり、物凄い抵抗を繰り返すことしか出来ない、自己犠牲を強要する全体主義と分極化した利己主義だけの運命共同体にしがみつき乗り越えることの出来ない哀れな間抜け連中については、それこそ損得無しの状態で割り切って、何処か人目のつかないところで、そっと静かに幸せに暮らして頂く事が出来れば、それ以上のことは何もせずに、そっと静かに見守ってあげるようにすれば良いだけのことでは無いでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/56265792

この記事へのトラックバック一覧です: 不屈の弁護士にして都知事選候補者・宇都宮健児氏が語る「コワい人との交渉術」:

« [政党ウオッチ]衆院選、自公3百議席うかがう 政権奪還も、民主激減 | トップページ | 大賞に「ルポ イチエフ」 福島第一原発の作業員に迫る »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30