« 日本は働く母親冷遇 OECD報告 | トップページ | 「安倍首相」に期待51% 自民大勝歓迎は33%、世論調査 »

2012/12/18

安倍氏と日銀総裁が会談 デフレ脱却に向けて金融緩和で連携へ

 どう考えてもなあ。理解できない…。

安倍氏と日銀総裁が会談 デフレ脱却に向けて金融緩和で連携へ(産経新聞)

 自民党の安倍晋三総裁と日銀の白川方明総裁は18日午後に東京都内の自民党本部で会談した。安倍氏はデフレ脱却に向けて日銀に強力な金融緩和を求めており、会談では安倍総裁が、あらためて金融緩和を要請したとみられる。白川総裁もデフレ脱却で新政権との連携強化を進める方針を示したもようだ。
 白川総裁は会談後、記者団に対して「今日はあいさつだけです。金融政策に関する発言は差し控えたい」と述べ、安倍氏との協議内容の詳細は明らかにしなかった。
 安倍氏は消費者物価上昇率の目標を2%と定め、日銀と政策協定(アコード)を結んでデフレ脱却に取り組む考え。日銀は19、20日と金融政策決定会合を開く。今回の安倍氏と白川総裁の会談が、追加の金融緩和などの議論に影響する可能性もある。

 世界を見ても日本ほどすでに金融緩和をしている国はない。しかも、銀行には資金がだぶついているのだから、さらなる金融緩和にどれだけ効果があるのかに対して疑問を表明する人は多いし、普通常識的にはそう考える。しかも日銀は、すでに1%のインフレターゲット政策をとっている。選挙中も安倍さんが主張していたことだけど、ほんとうに何を考えているのか。それでもすすむというのなら、そこからさきは、さらなる金融市場におけるカジノ経済の活性化ということなのだろうかと思うのはボクだけではない。
 だけど、一方で、国土強靱化の何より湯水のような公共事業の拡大などの議論がある。となると本音は、国債を日銀に引き受けさせるということなのか。だれだ、うらで経済政策を考えているやつは? ここでも大変なことがすすむかもしれないのであるのだけれども。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 日本は働く母親冷遇 OECD報告 | トップページ | 「安倍首相」に期待51% 自民大勝歓迎は33%、世論調査 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

恐らく、騙されたふりをすれば、日本の円を、アメリカのドルと共に無理心中を図ろうとする連中の企みでは無いかということも、真実に近いのでは無いかと考えられますよね。
それにより、円安にすることで、幾らでもボロ儲けしようとする強欲な大企業wはじめとする財界と、ただこれにしがみつくことしか出来ない使いものにならない間抜け社員のための連合組織をはじめ、対米従属にしがみつくことで、自分たちの既得権益を手放したくない、とんだ阿呆馬鹿と間抜け集団に過ぎない官僚機構が手を組んでいることに、真実というものが隠されているのでは無いでしょうか。
そうであるとすれば、このまま消費税増税が実施され、原発再稼働が進み、アメリカや財界のいいなりになってTPP交渉に参加し、憲法改悪までされるようなことになってしまうとすれば、一億総懺悔による愚かな過ちを引き起こすなんてことになれば、それこそ日本を取り戻すどころの騒ぎではなく、日本が取り返しのつかないことに暴走してしまうことになるのは間違い無いし、世界的に見れば、全人類の大敵だと見なされ、幾らでも袋叩きにされることになっては、まともな日本国民からすれば、此れ程恥ずかしいことは無いばかりか、此れ程悲しいことはございませんよね。
こんなことにならないために、TPPに関しては、幾らでも騙されたふりをすれば、大企業に対する法人実効税率を80%に引き上げた上であれば賛成してあげることにして、日本の財界を幾らでも揺さぶり、電力料金についても値上げするなら、大企業に対してだけに幾らでも値上げして節電に協力させることにして、「愛国心というものがあれば幾らでも出来て当然のことですよね」と言ってあげて、海外に出て言って勝負したければ、日本には二度と帰ってこなくても構いませんから、どうぞ幾らでも勝手に出て言って勝負して、それで全人類から袋叩きにされることになれば、どうぞそっと静かに滅びて下さい、とでも言ってあげて送り出してあげると共に、そっと静かに腹の底で嘲笑いながら、見捨ててあげるようにするしかございませんよね。
為替については、幾らでも円高にして、株価なんか幾らでも下落させることになっても気にする必要なんか何処にも無いし、それにより、世界中から行き場のなくなったお金だけが日本に集中することになり、謝礼程度の配当金だけでも還元してあげることで、幾らでも国内に還元することで、そっとs塚にお金を溜め込むことが出来て、収入が増えれば増える程、幾らでもたくさんの税金や社会保険料を喜んで払ってあげることで社会に恩返しすることだけを大いに誇りとし、無駄な消費も抑制し、余った商品については、どうぞ他にも必要な人たちに廻してあげて下さい、ということで幾らでも被災地などに廻してあげるなりして、更には循環型経済により、できる限り再生利用できる様にして廃棄処分をすることで、資源や食糧の輸入を幾らでも減らしながら、付加価値の向上により、体質改善によって、極めて良心的な中堅企業ならびに中小企業が安定した収益を確保し、利益の拡大に繋げて行くと共に、それを従業員に還元してあげることで、最低賃金の底上げに繋がると共に、新たな産業や雇用の創出などにより、一人でも多くの失業者が救われ、生活保護や農家への個別所得補償等の予算の節約につながると共に、税収増加により財政赤字の削減により財政規模の縮小に繋がるし、国内需要の激減により経済規模を幾らでも縮小させることになっても、そこそこの貿易黒字が維持できる程度の生産規模への縮小と、介護をはじめとする社会福祉分野や農林水産業等の分野への雇用の流動化によって、食料やエネルギー自給率を幾らでも向上させ、貿易依存度を幾らでも低下させることに繋がるし、廃棄物を幾らでも減らすことによって地球環境全体に恩返し出来ることもまた、大いに誇りとして、世界に見せつけてあげるようにすれば良いのだし、それにより、幾らでも身を縮めて、ひっそりと地味で質素な生活をすることで、誰もが損することも無く、誰もが得することだけをすることで、共に幸せに暮らすことが出来る社会となって安定化させて無欲化していくことが出来れば、二度と近隣諸国にご迷惑をお掛けすることもなくなるし、変な戦争に巻き込まれることもなくなるし、アメリカに対しては、騙されたふりをすることで、核兵器を持ちたければ、どうぞご勝手に、ということで突き放してしまう様にすることで、そっと静かに対米従属から離れて、これを乗り越えて、日本経済をそっと静かに沈没させてあげることで、ひっそりと大人しく、静かに自立して生き抜くことが出来れば、二度と亡国ニッポンを蘇らすことも無く、再発防止に繋げて行けば、返って、此れ程喜ばしいことはございませんし、何も言うことはございませんよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/56347692

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍氏と日銀総裁が会談 デフレ脱却に向けて金融緩和で連携へ:

« 日本は働く母親冷遇 OECD報告 | トップページ | 「安倍首相」に期待51% 自民大勝歓迎は33%、世論調査 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31