« 衆院選、12月16日投開票 首相、16日に解散 | トップページ | [政党ウオッチ]山田元農相が民主離党表明 2議員も届け出 »

2012/11/14

大飯原発“関西電力の調査に疑問”

 ほんとうに原発のことは、しっかり問いかけていかなければならない。規制委員会のありようには、イライラするが、とにかく、疑問だけが積み重なっていく。どうするのだ。

大飯原発“関西電力の調査に疑問”(NHKニュース)

 国内で唯一運転している福井県の大飯原子力発電所の断層が、活断層かどうかを検証している国の原子力規制委員会の島崎邦彦委員は、14日の会合で、「電力会社の調査の考え方に疑問が出てきている」と述べ、関西電力の調査方法に疑問を呈しました。
 原子力規制委員会は、14日に定例の会合を開き、島崎委員は、大飯原発の敷地を走る「F-6破砕帯」という断層について、「関西電力は『破砕帯がこれまでの調査より短く、位置も違っていた』と説明していて不明な点がある」と述べたうえで、「調査の考え方に疑問が出てきている」と述べ、関西電力の調査方法に疑問を呈しました。
また、大飯原発で専門家と共に行った現地調査について、「事前に現状を把握していなかったほか、現場で時間が限られ詳しく分析できなかった」と説明し、改善する考えを示しました。
 規制委員会の専門家会議は、今月2日、大飯原発で現地調査を行い、その後、評価する会合を開きましたが、データ不足などのために結論が出ず、関西電力に追加の調査を指示しています。
 規制委員会は、大飯原発に次いで福井県の敦賀原発で、来月1日から2日間、大学の専門家4人と共に現地で地層の断面などを調べることを決めたほか、青森県の東通原発でも、来月中に現地調査を行うことにしています。

 ところが、共同通信によると、「原子力規制委員会の田中俊一委員長は14日の記者会見で、国内で唯一運転中の関西電力大飯原発(福井県)の敷地内にある断層について『活断層か地滑りかはっきりしないと(運転可否の)判断は無理だ。理由なく原発を止める権限はない』と述べ、関電が今後実施する追加調査中は、運転停止を求めない考えを示した」というのだ。いったいどういうことか?

 ほんとうに安全を基礎にすえた政治にならないと。そのためには、原発をまずとめないと!感覚がずれた議論から、政治をとりもどすような、しっかりした議論をしないといけないのだ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 衆院選、12月16日投開票 首相、16日に解散 | トップページ | [政党ウオッチ]山田元農相が民主離党表明 2議員も届け出 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/56114952

この記事へのトラックバック一覧です: 大飯原発“関西電力の調査に疑問”:

« 衆院選、12月16日投開票 首相、16日に解散 | トップページ | [政党ウオッチ]山田元農相が民主離党表明 2議員も届け出 »

無料ブログはココログ
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31