« 第3回子どもの貧困セミナー「大阪幼児置き去り死事件-裁判傍聴を通じて見えてきたこと」 | トップページ | 大学乱立?まだ必要? 20年で1.5倍、定員割れも »

2012/11/09

慰安婦問題で米紙に意見広告 強制連行裏付ける資料なし

 世界の恥でもあるのだけど、そのことについて、まったく自覚がないというのが恐ろしい。

慰安婦問題で米紙に意見広告 強制連行裏付ける資料なし(産経新聞)

 作曲家のすぎやまこういち氏やジャーナリストの櫻井よしこ氏ら有識者でつくる「歴史事実委員会」は6日、米ニュージャージー州の地元紙「スターレッジャー」(約37万部)に4日付で慰安婦問題に関する意見広告を掲載したと発表した。日本軍による強制連行を裏付ける資料はなく、発見された公文書によれば強制募集や誘拐を禁じていたと訴えている。
 民主党の松原仁前拉致問題担当相や自民党の安倍晋三総裁ら国会議員38人も賛同者として名を連ねた。
 ニュージャージー州パリセイズパーク市では2010年10月、公立図書館に「日本帝国政府の軍によって拉致された20万人以上の女性と少女」などと記載された記念碑が建立された。広告は「事実でないことを認めてしまえば、社会全体の判断を狂わせ、日米2国間に悪い影響を与えます」と呼びかけている。
 すぎやま氏らは07年に米下院が慰安婦問題に関する対日非難決議を採択した際、米紙に反論広告を掲載したグループの中心メンバー。すぎやま氏は6日の記者会見で「広告掲載を受けて当時の下院採決には十数人しか出席しなかった。広告には効果があった」と強調した。

 実際に広告のコピーがwamのブログにアップされていた。

 なんども、じれずに、批判していかんとあかんのかなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

 

« 第3回子どもの貧困セミナー「大阪幼児置き去り死事件-裁判傍聴を通じて見えてきたこと」 | トップページ | 大学乱立?まだ必要? 20年で1.5倍、定員割れも »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

アメリカにおいても、ベトナム戦争の最中に、中国が雲南省でヘロインの原料であるケシを大量に栽培し、それをヘロインに精製して、それをベトナムのサイゴン市内等にある売春宿や飲み屋に、ただ同然の値段で卸して、純度90%にもなるヘロインを、アメリカ軍兵士に、これもただ同然の値段で買い与えたところ、多くのアメリカ軍兵士が虜となり、ジャンキーとなって使い物にならなくなって本国へ帰国した後、アメリカ国内では、当然の事ながら、これと同じものは安く手に入るわけないし、そのお金を得るために犯罪に加担し、アメリカ社会を混乱させてしまうということになってしまうということが、聞いたことがありますが、このアメリカを戦前の日本に置き換えれば、サイゴン市内の売春宿や飲み屋を、慰安所に置き換えると、中国が提供したヘロインを、韓国からの従軍慰安婦に置き換えれば、本質的には何ら変わりありませんよね。

アメリカにしてみれば、こういうヘロインに手を出すのは、兵士個人の自己責任に過ぎないと言えるわけだし、中国に対しては何も言えるわけありませんし、中国からすれば、対米戦略の一環に過ぎないとして、騙されたふりをすれば、アメリカが何か言って来た時には、これを外交カードに利用して、幾らでもアメリカを揺さぶることが出来るだけのことですよね。

戦前の日本に置き換えれば、そもそも慰安所を設けて、そこで女性と好き勝手に弄ぶ行為も、自己責任以外の何ものでも無い分けだし、韓国からすれば、騙されたふりをして韓国人女性を従軍慰安婦として送っただけのことに過ぎないと見れば、仮に強制連行の事実が無いなんて言い訳が通用するものでは無いし、ましてや、どこまで事実であるのか検証する必要はあるものの、無かったことにできるはずはありませんし、これが「お国のため、天皇陛下のため」なんてことだけは絶対に許されるものではないどころか、聞いて呆れるばかりでなく、まともな日本人なら、此れ程恥ずかしいことはございませんよね。
韓国からすれば、幾らでも騙されたふりをして揺さぶってくるのは当然のことだし、反論の余地なんてあるはずは無いことも、また当然のことですよね。

ならば一層のこと、日本が騙されたふりをすれば、尖閣諸島で勝手に火をつけた、石原慎太郎と、慰安所を勝手に作った中曽根元総理が、安心して老後生活を送って貰うための老人介護施設を尖閣諸島に、それこそ中国に対しては慰安所代わりということで、建設するというのは如何でしょうか。
それで、中国が騙されたふりをして挑発代わりに、中国人女性を慰安婦代わりに、日本に送って来る様なことをしてくれば、日本が騙されたふりをして、介護ヘルパーとして幾らでも受け容れてあげると共に、尖閣諸島に行きたい方には、どうぞご自由に、ということで、行かせてあげれば良いだけのことですよね。
ただ、石原慎太郎や中曽根元総理が、従軍慰安婦の時と同じことを仕出かす様なことがあれば、それこそ、日本政府にどうぞ訴えて来て下さい、と言ってあげれば良いのだし、それで訴えてこられたのなら、軽犯罪法違反等の容疑で、幾らでも逮捕拘留して、事の真実を明らかにすれば良いのだし、それで中国が騙されたふりをして、物騒なことでも仕出かそうとした時には、これを上手く外交カードに利用すれば、今度は日本が、騙されたふりをして中国を揺さぶることも出来る分けだし、そこまでしなくても、中国に対して反面教師になってあげることも出来ますよね。

アメリカや中国に対しては、尖閣諸島が日米の安全保障の適用範囲であり、日本が実効支配をしていることを示す動かぬ証拠となるばかりでなく、従軍慰安婦問題を逆手に取ることで、中国に対しては、これを逆転の罠にしてしまうことで、棚上げ合意を乗り越えて、共同利用に繋げて、そっと静かに維持管理していくことに繋げて行けば、ベトナムをはじめとする南シナ海や南沙諸島の領有権問題を抱える周辺諸国に対する良いお手本として示してあげることが出来ることになりますよね。

韓国にしてみれば、韓国の歴史ドラマであった清国との間抜け話を教訓として、これと同じことをすれば、従軍慰安婦問題で、韓国が動かぬ証拠を出して来れば、日本が、逆手にとって、竹島の領土問題で、中国が見習って棚上げにすることで、必要な謝罪は賠償をしてあげることが出来れば、それで良いのだし、日本に来られた外国人の介護ヘルパーの皆様を、韓国でも大いに活躍する機会を与えてあげることに繋げて行けば、それが何よりのことであると共に、韓国にしてみれば、北朝鮮に対しても良いお手本として示してあげることが出来ますよね。

日本としては、北朝鮮も同じことをすれば、今度は、これと引き換えに、拉致問題を解決するための有効な外交カードとして利用すれば良いのだし、これを北方領土問題に上手く活かせば、千島列島ついては、日本が中国を見習って棚上げにすることで、ロシアとの共同管理により平穏で安定した海域として、共同利用出来る様にすれば、簡単に解決することも出来る分けだし、それが結果的に、日本の国益に叶うと同時に、アメリカの国益にも叶うと同時に中国の国益にも叶うし、韓国の国益にも叶うし、北朝鮮の国益にも叶うし、ロシアの国益にも叶うし、南シナ海周辺のASEAN諸国全体にとっての国益にも叶うことになれば、何処の国に対しても一切損することが回避できることになるばかりでなく、アジア太平洋地域全体を乗り越え、行き着く先は、世界中の全ての国々の国益にも叶うことが出来る心豊かな外交へと深化していくことによって、対米従属からそっと静かに離れつつも、これを乗り越えて行くことで、日本は、もう幾らでも喜んで二流国にも三流国にも転落してあげることになっても構わないのだし、それで、ただひっそりと自立した国へと生まれ変わることが出来れば、何も言うことは無いし、国内経済は、東京や大阪の大都市は、人口流出により、幾らでも喜んで大衰退させることで、地域経済の活性化に繋がって、食料やエネルギー自給率を幾らでも向上させることで、資源や食糧の輸入を幾らでも減らして、国内需要を激減させ、貿易黒字が維持できる程度の輸出が出来る程度の経済規模にまで縮小させることによって、貿易依存度を幾らでも低下させてしまえば、廃棄物を幾らでも減らすことで地球環境全体に恩返しすることを大いに誇りとして、日本経済を共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らすことが出来るだけの社会福祉国家へとなれば、国内社会は、もう幾らでもひっそりと静まり返った社会となって安定化させれば良いのだし、これを国境を乗り越えて行けば、全人類が一つの絆となって、世界経済を共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、幸せに暮らして参りましょう、というメッセージとなって、誇り高く、大いに発信して行くことが出来れば、返って此れ程喜ばしいことは無いどころか、此れ程素晴らしいことも無いし、責めてもの愛国心というものがあれば、幾らでも出来て当然のことでは無いかとさえ、つくづく感じるところではありますが、如何でしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/56075120

この記事へのトラックバック一覧です: 慰安婦問題で米紙に意見広告 強制連行裏付ける資料なし:

« 第3回子どもの貧困セミナー「大阪幼児置き去り死事件-裁判傍聴を通じて見えてきたこと」 | トップページ | 大学乱立?まだ必要? 20年で1.5倍、定員割れも »

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30