« [政党ウオッチ]新党日本 田中代表のコメント | トップページ | 普天間の米兵脱走 逃走中、地元通知まで12日 »

2012/11/23

沖縄 日本で最も戦場に近い場所

9784620321516 『密約』で日米地位協定のもとでの米兵犯罪の実態を告発した著者が、オスプレイ配備への怒りが広がる沖縄の今を伝える。なぜ、オスプレイが配備され、ヤンバルにヘリパットがつくられるのか。日本政府はアメリカに基地についての「無制限かつ無条件的な」特権を認めている。それを保障するのが「基地権の密約」だと告発する。そのもとで、米軍による無法勝手がくり返され、被害は絶えない。
 本書で著者は、基地周辺の騒音などの被害、くり返される米兵の犯罪など、被害者を訪ね、丹念にその声を伝えている。沖縄の人々の心の奥からの叫びが直接読者の心をゆさぶる。
 そして、その特権が担保しているのが「軍事優先」ということでもある。それがなぜ、形成されたのか。日本で唯一住民を巻き込む地上戦となった沖縄戦、それは「国体護持」の捨て石とされた戦場だった。戦後直後からはじまたった米占領軍による土地強奪の無法。これに対し、日本の支配者は、昭和天皇メッセージに象徴されるように沖縄占領継続を米国に希望し、沖縄に苦難を強いた。いままた、普天間基地移設・新基地建設で「沖縄本島北部を恒久的な海兵隊の一大軍事拠点とし、米軍の出撃基地としての沖縄の役割を増大させ」ようとしている。
 この沖縄の現実にどう向き合うべきなのかを問う。沖縄では日米安保条約そのものを問題にする声が広がっている。沖縄は答えをだそうとしている。では、本土はこの問いのどうこたえるのだと。まさに、新原さんの言うとおり「正義の書」である。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« [政党ウオッチ]新党日本 田中代表のコメント | トップページ | 普天間の米兵脱走 逃走中、地元通知まで12日 »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/56173941

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄 日本で最も戦場に近い場所:

« [政党ウオッチ]新党日本 田中代表のコメント | トップページ | 普天間の米兵脱走 逃走中、地元通知まで12日 »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30