« 大学乱立?まだ必要? 20年で1.5倍、定員割れも | トップページ | 政局:「年内解散」風強まる…首相、TPP参加争点に »

2012/11/09

都知事選、宇都宮氏が出馬表明 脱原発と貧困対策訴え

 いよいよですね。

都知事選、宇都宮氏が出馬表明 脱原発と貧困対策訴え(共同通信)

 前日弁連会長の宇都宮健児氏(65)は9日、東京都内で記者会見し、石原慎太郎氏の辞職に伴う東京都知事選(29日告示、12月16日投開票)に無所属で立候補すると正式に表明した。
 宇都宮氏は「東京から脱原発を進める」と強調。石原都政の問題点を「都民の貧困と格差が広がった」と指摘し、福祉政策の充実を訴えた。
 選挙運動は市民団体「人にやさしい東京をつくる会」を母体に進めるが「私の政策を受け入れてくれるなら、あらゆる政党の支援を求めたい」と述べた。
 共産党東京都委員会は「党として支持する方向で検討する」としている。

 宇都宮さんには、ボクも仕事で何度かお世話になっている。あって、話をすると、誰もがその人柄のよさ、けっして上から目線ではなく、やさしく、しかし、はっきりと、力強い語り口に引き込まれる。(よくしゃべる形でもあるけれど)
 その待望の、宇都宮さんの出馬声明。誰もが待っていたと思う。

 たくさん、しなければならないことは多いけれども、とにかくがんばる。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 大学乱立?まだ必要? 20年で1.5倍、定員割れも | トップページ | 政局:「年内解散」風強まる…首相、TPP参加争点に »

政治」カテゴリの記事

コメント

東京都民の皆様からすれば、共産党は何も支持はされないにしても、宇都宮健児さんに投票してあげる様にしても良いのでは無いでしょうか。
しかしながら、何といってもこれまでの長きに渡る慎太郎暴政の尻拭いには、かなり追われることだけは間違いないでしょうし、そうなれば、猪瀬副知事と共に、慎太郎暴政の尻拭いを行いながら、都政を変えて行くのが望ましいのでは無いでしょうか。
いずれにせよ、反原発と反貧困という方向性は、正しい選択であるわけだし、世界的に見れば、あの中曽根大震災を教訓にすれば、東京都が進んで脱原発へと踏み出して行くことで、日本全体がドイツを見習って脱原発へと向かうことで、原子力ムラをはじめとする原発利権共同体を、それこそ今度は、日本国民が、アメリカや中国と共に、幾らでも騙されたふりをして崩壊に追い込んで行くことにすれば、対米従属からそっと静かに離れて行くきっかけにもなるし、これを乗り越えて行くことで、そっと静かに自立していくことが出来れば、二度と変な戦争に巻き込まれることも無いし、無理をせずとも、ただひっそりと幸せに暮らせる社会に変えて行くことになるのなら、返って喜ばしいことはございませんよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/56078443

この記事へのトラックバック一覧です: 都知事選、宇都宮氏が出馬表明 脱原発と貧困対策訴え:

« 大学乱立?まだ必要? 20年で1.5倍、定員割れも | トップページ | 政局:「年内解散」風強まる…首相、TPP参加争点に »

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30