« ほぼ全講義を英語化する国立大…学生は「不安」 | トップページ | いじめ、高校生44人勇気のメッセージ »

2012/11/13

公債発行特例法案、成立確実 民自公、修正を正式合意

 今日のニュースも驚いた。まあ、驚いてばかりはいられないのだけれども。

公債発行特例法案、成立確実 民自公、修正を正式合意(共同通信)

 自民、公明両党は13日、予算執行に不可欠な赤字国債の発行を2012年度から15年度まで認める公債発行特例法案の修正案をそれぞれ了承した。民主、自民、公明3党の政調会長が同日昼に国会内で再会談し正式合意した。今国会最大の焦点だった公債法案は、会期内の成立が確実な情勢になった。
 自民党は社会保障制度改革を議論する国民会議のメンバーに推薦する有識者リストを今週中に政府に提示する方針で、野田佳彦首相が衆院解散の環境整備として挙げる3課題のうち二つの解決にめどが立った。
 首相は11日夜、民主党の輿石東幹事長に年内の衆院総選挙実施の意向を伝えた。

 なんか歯止めがないという感じ。そもそも、赤字国債は、財政法に違反する特例だというのは、高校の教科書にものっている?水準の話。財政法第4条は「国の歳出は、公債又は借入金以外の歳入を以て、その財源としなければならない」とある。その但し書きで「公共事業費、出資金及び貸付金の財源については、国会の議決を経た金額の範囲内で、公債を発行し又は借入金をなすことができる」とあるだけなのだ。それを特例だと強弁して、一年ごとに法律をつくって認めているにすぎない。しかも、財政というのは単年度主義をとっている。うーん、こんなことを、しかも、ほとんどまともな審議を抜きに決めてしまうということなのだから。歯止めがないとしか思えない。

 たしかに自民党政治の末期はかなり歯止めがなくなっていた。しかし、この財政の問題だけではなく、たとえば社会保障の問題でも、年金の切り捨てが合意されたようだけど、これもまともに審議なくすすみそう。その後には生活保護の引き下げか。
 外交でも、とにかく中国や韓国との対立をあおるだけ。それを、民主党は、自民、公明と束になってすすめているというのが特徴と言えよう。
 歯止めなき、政治をどうとめ、転換するのか。よーく議論したいところだと思うなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« ほぼ全講義を英語化する国立大…学生は「不安」 | トップページ | いじめ、高校生44人勇気のメッセージ »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/56108186

この記事へのトラックバック一覧です: 公債発行特例法案、成立確実 民自公、修正を正式合意:

« ほぼ全講義を英語化する国立大…学生は「不安」 | トップページ | いじめ、高校生44人勇気のメッセージ »

無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30