« 私立高教員37%が非正規 生徒減り経営難、人件費抑制 | トップページ | トヨタ、再雇用で「ハーフタイム勤務」試行へ »

2012/10/14

普天間、夜・早朝訓練4倍 オスプレイ近く本格運用

 米軍の環境レビューには、そういうことが書いてあると、ボクらは何度も口を酸っぱくして言ってきたけど、やっと朝日新聞がとりあげた。

普天間、夜・早朝訓練4倍 オスプレイ近く本格運用(朝日新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に配備された新型輸送機オスプレイ12機の本格運用が近く始まる。旧型の輸送ヘリと比べると、普天間飛行場では夜間や早朝の使用が3.7倍に増え、訓練の回数は伊江島で2.3倍になる。そんな実態が、米海兵隊の環境審査報告書から浮かび上がった。
 報告書は配備後の環境への影響について米側がまとめ、防衛省が6月に公表した。その内容を詳しく見ると、オスプレイが拠点とする普天間飛行場では全機種の年間訓練数が11%減の2万780回になる。だが、旧型ヘリとオスプレイでは、午後10時~翌午前7時の離着陸訓練回数は年76回から280回に増える。
 深夜や早朝の普天間の使用について、日米政府は96年に「必要最小限にする」とする騒音防止協定を結んだ。今年9月の安全宣言でも同じ文言を繰り返した。県幹部は「夜間や早朝に4倍近く増えるのに、『必要最小限』と言えるのか」と疑問をはさむ。
 県は今月、普天間飛行場近くでのオスプレイの騒音を83.7~89.2デシベルと発表。工場やカラオケ店の中と同程度とされる90デシベルに近い数字だ。
 県内では北部訓練場やキャンプ・シュワブ、キャンプ・ハンセンなど主に50カ所の着陸帯で実戦訓練をする。旧型ヘリは年間に2万1290回飛行し、オスプレイの本格運用後は2万564回に減る。しかし、米軍が訓練に適しているとみる施設では飛行回数が増える。
 最も負担が大きくなりそうなのは、米軍の補助飛行場がある伊江島だ。米軍佐世保基地(長崎県)の強襲揚陸艦ボノム・リシャールの甲板にそっくりな滑走路があり、オスプレイが離着陸訓練をする。有事にはボノムに載せられ、洋上から出動すると想定されているからだ。5カ所の着陸帯も含め、年2880回の訓練回数は本格運用後、6760回に増える。伊江島で全米軍機の飛行は、年6204回から1万84回へと1.6倍になる。
 島はこれまで、読谷村(よみたんそん)で続いていた落下傘降下訓練の移転も受け入れてきた。大城勝正・伊江村長は「防衛政策に協力してきた。そのうえの訓練増に納得できるはずがない」と憤る。
 金武町(きんちょう)のブルービーチ訓練場には、着陸帯が2カ所あり、年間で計28回の訓練が1680回に増える。日本政府は07年、着陸帯は基本的に1カ所だけを使うと町に約束したが、その後も使われ、町は抗議してきた。米軍は本格運用後も2カ所を頻繁に使う方針だ。儀武(ぎぶ)剛町長は「政府がだましているとしか思えない。強引なやり方を進めるなら基地の返還要求も考える」と語気を強める。

 これを現地では、沖縄の普天間化と呼んでいる。普天間や嘉手納の騒音は、これまでも沖縄のなかでとりわけ酷かったが、それが沖縄全土にひろがる。そのレベルは、カラオケ店のなかと同じだと。
 沖縄の島ぐるみの意思ははっきりしている。怒りは沸騰している。では、本土はどううけとめるのか。7つのルートでのたたかいははじまっている。123自治体で意見書が可決されている。ほんとうに全国の幅広く、太い連帯をつくりたいものだ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« 私立高教員37%が非正規 生徒減り経営難、人件費抑制 | トップページ | トヨタ、再雇用で「ハーフタイム勤務」試行へ »

平和」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/55886721

この記事へのトラックバック一覧です: 普天間、夜・早朝訓練4倍 オスプレイ近く本格運用:

« 私立高教員37%が非正規 生徒減り経営難、人件費抑制 | トップページ | トヨタ、再雇用で「ハーフタイム勤務」試行へ »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31