« オスプレイ配備後初飛行 事実上の運用開始 | トップページ | キーワードで読む 現代日本社会 »

2012/10/04

住宅の除染申し込み1万件 受け付け2カ月延長 松戸市

 お隣の松戸市のこんなニュース。

住宅の除染申し込み1万件 受け付け2カ月延長 松戸市(千葉日報)

 放射能対策として松戸市が受け付けを開始した住宅の除染申し込み件数が1万462件に上った(9月28日現在)。市ではより多くの市民に申し込みをしてもらい市内の除染範囲を広げようと、申し込み期間を9月末までから、11月末まで2カ月間延長することに決めた。
 福島第1原発事故の影響で、同市は放射線量が比較的高い「ホットスポット」と指摘され、これまでに学校や保育所など公共施設の除染を実施。次の段階として民有地の除染を行うことになり、7月30日から申し込み受け付けを開始した。
 除染対象は小学生以下の子どもがいる住宅または市の「除染実施区域内」の住宅で、そのうち毎時0・23マイクロシーベルト超の箇所がある住宅に限り除染作業を行う。市の測定(9月14日現在)によると、測定した829件のうち35・8%にあたる297件が毎時0・23マイクロシーベルト超の箇所が敷地内に1カ所以上ある住宅だった。敷地内の複数箇所を測定した平均が毎時0・23マイクロシーベルト超の住宅は23件(全体の2・8%)となった。

 うちだって、そうだ。だけど、首都圏の汚染対策はほとんどまともに手が着いていないのが実態だ。柏市の住民のアンケートの結果が、先日、新聞にのっていたけど、住民の不安はどんどん拡大していく。その柏より、最近のあたいは、わが市の方が高い。

 いいかげん、この汚染という問題に政治は腹をくくったらどうだ。そんな怒りは高まるばかり。それでも、そのわが市では9月議会で、市議会は、共産党、市民はクラブ以外の反対で、脱原発を求める請願を否決し、市は、希望者への健診への補助金だとか、ホールボディカウンターの設置、高校生までの医療費の無料化などについて前向きな検討もしようとしていないのが現状である。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« オスプレイ配備後初飛行 事実上の運用開始 | トップページ | キーワードで読む 現代日本社会 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/55815005

この記事へのトラックバック一覧です: 住宅の除染申し込み1万件 受け付け2カ月延長 松戸市:

« オスプレイ配備後初飛行 事実上の運用開始 | トップページ | キーワードで読む 現代日本社会 »

無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31