« クローズアップ2012:日韓、すれ違う感情−−毎日新聞・朝鮮日報合同調査 | トップページ | 参院で首相の所信表明演説なし 野党が拒否、現行憲法下で初 »

2012/10/29

震災復興予算 原発輸出調査にも流用

 これには、さらに驚いた。いやもう、彼らは何でも利用するということだよなあ。

震災復興予算 原発輸出調査にも流用(東京新聞)

 東日本大震災の復興予算の不適切使用問題で、二〇一一年度三次補正予算に盛り込まれた復興予算のうち五億円を、経済産業省がベトナムへの原発輸出に関する調査事業費として支出していたことが本紙の取材で分かった。被災地復興と関係ない海外の原発推進事業にまで流用されていたことで、復興予算の使途決定のずさんさがあらためて浮き彫りになった。
 経産省によると復興予算を使ったのは、日本政府の受注が一〇年十月の日越首脳会談で決まったベトナムのニントゥアン第二原発の建設に向け、現地で地震を引き起こす恐れのある断層の有無などを把握する調査。
 調査は日本政府が今年一月、敦賀原発(福井県敦賀市)などを運営している日本原子力発電に随意契約で委託した。
 調査は、経産省が上下水道や鉄道、リサイクル技術などのインフラ技術の海外輸出を促すため、民間企業に現地調査を委託する「インフラ・システム輸出促進調査等委託事業」の一環。
 同調査等委託事業費は一一年度当初予算では約六億円だったが、三次補正予算で「東日本大震災の復旧・復興につながる貿易投資の促進に必要」として、約八十五億円が追加計上された。同事業からは、ベトナムの原発以外に、世界各国のインフラの調査費などが計上されている。
 経産省資源エネルギー庁の原子力政策課は「インフラの海外輸出を進めることが、被災地の関係企業に経済効果をもたらす」と強調。原発輸出の調査費を復興予算から計上することで被災者の心情を逆なでするとの本紙の指摘については「真摯(しんし)に受け止める」と話した。
 政府は、日本の成長戦略としてインフラ設備の海外輸出に力を入れている。だが、原発輸出については「三〇年代に原発稼働ゼロを目指す」とした革新的エネルギー・環境戦略と矛盾するとして政府・与党内からも批判が出ている。
 ニントゥアン第二原発は二基で、電力九社と原発メーカーなどが出資する国策会社「国際原子力開発」(東京)が輸出事業を担当。二一年稼働を目指す。…

 ただただ呆れる。

 と同時に、だれがこんなことを推進してきたのか。これは決して、官僚だけではない。いまの政権だけでもない
 そのことも同時に考えなければいけないし、推進してきたひとは、自らの手で、問題を明らかにするべきではないのかなあ。

Banner_02人気blogランキングへ 励ましのクリックを

« クローズアップ2012:日韓、すれ違う感情−−毎日新聞・朝鮮日報合同調査 | トップページ | 参院で首相の所信表明演説なし 野党が拒否、現行憲法下で初 »

政治」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59689/56000685

この記事へのトラックバック一覧です: 震災復興予算 原発輸出調査にも流用:

« クローズアップ2012:日韓、すれ違う感情−−毎日新聞・朝鮮日報合同調査 | トップページ | 参院で首相の所信表明演説なし 野党が拒否、現行憲法下で初 »

無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30